1. トップ
  2. スキンケア
  3. 夏のダメージは残さない。“シミレス&美白”を目指すなら正しい洗顔方法を習慣に

夏のダメージは残さない。“シミレス&美白”を目指すなら正しい洗顔方法を習慣に

  • 2016.8.24
  • 1191 views

紫外線を浴びて、古い角質が溜まることでできてしまうシミ。シミを防いで美白・美肌を目指すなら、溜まった角質を丁寧に落とす必要があります。そこで今回は“シミレス&美白”を目指すためにも身につけたい正しい洗顔方法を紹介します。

|きめ細やかな泡で洗顔する

ほんの少しの摩擦が角質を刺激してしまい、結果的にシミが濃くなってしまうことがあります。ですので、きめの細かいふわふわの泡で肌をやさしく撫でるように洗うのが大切です。洗顔料の泡立てには必ず泡立てネット使用し、手が直接肌に触れないよう注意しましょう。

<正しい洗顔の手順>

(1)まず顔全体をきめこまやかな泡で包む

(2)小鼻などの細かい部分を薬指でやさしく馴染ませる(薬指は1番力が入らない指なので、皮膚が薄い部分は薬指を活用しましょう)

(3)顔をすすぐ(38℃程度の人肌の温度が最適。熱すぎるとシワの原因にも)

(4)最後に冷水で顔全体を引き締める

|古い角質を落とす洗顔料も活用しましょう

“シミレス&美白”の完璧美肌を目指すなら、週に1〜2回は角質を柔らかくして落とす酵素洗顔料や炭や泥が入った洗顔料を使用するのがオススメです。その際は洗顔料の成分を確認して、フルーツ酸(AHA)、サリチル酸(BHA)が配合されているピーリング効果のあるものをセレクトしてください。

このように一見当たり前のような基本的なことばかりですが、意外と正しい方法を怠ってしまいがちです。汚れをしっかり取り除いた肌はスキンケアの浸透力も高まりますので、ぜひ毎日の洗顔をいま一度見直してみてください。

text:麗子