1. トップ
  2. メイク
  3. 目力◎目を理想の形に変える!「下アイライン」4パターン

目力◎目を理想の形に変える!「下アイライン」4パターン

  • 2016.8.16
  • 12725 views

①まつ毛の間を埋める

ナチュラルに目力を出すならこれ!
まつ毛の間を埋めるだけだから、初心者さんでもブレることなく簡単で、しかも最も崩れにくい引き方です。
ブラウンやグレーを使うと、より自然になじみます。

②粘膜部分に引く

切れ長目に見せたいなら断然この引き方!
化粧品の広告では、さりげなくここにアイラインを引いていることが多いです。
黒でしっかり濃く引きすぎるとかえって目が小さく見えてしまうため、「薄いかも」くらいがベスト。
また、粘膜部分は繊細なので芯の柔らかいペンシルライナーを使いましょう。

③アウトラインを引く

丸目に!より目を大きく見せられるのがこの引き方。
カラーラインを引くときにもおすすめです。
粘膜部分にパールベージュやホワイトのアイラインを引くと、黒目もサイズアップして見えてまるでお人形さんのような目元が手に入ります。

④アイシャドウで引く

さり気なさが欲しい。だけどちょっぴり目元を拡張したい。という方は、締め色のアイシャドウを細い筆やチップでライン風に入れましょう。
アイライナーを使うより崩れやすいのがたまにキズですが、とにかくナチュラルなので「もともと目の大きい人」「すっぴんも可愛い人」に見せてくれます。

下まぶたのメイクやアイラインって、ついつい適当にしてしまいがち!

だけど、実は目元の印象を最も変えやすいメイクポイントなんですよ。

メイクがマンネリ化している人は、ぜひ色々なバリエーションを試してくださいね。