1. トップ
  2. 恋愛
  3. オールド・マンハッタン・ラブストーリー。

オールド・マンハッタン・ラブストーリー。

  • 2016.8.12
  • 997 views

マイ・フェイバリット・ニューヨーク・ムービー #02 山崎まどか(コラムニスト)

いつの時代も映画人をインスパイアし、数々の映画の舞台となった街、ニューヨーク。
各ジャンルで活躍する、映画とニューヨークを愛する人たちが、
ニューヨークを舞台にした映画の中から、自身のベスト3を推薦します。

女の子とニューヨークについての著書も執筆している山崎まどかさん。
今回セレクトしたのは、1950~60年代に製作された、
当時のニューヨークの風景を写し取った作品たち。
ヒロインの可愛らしさ、衣装や小道具の魅力、そしてそんな女性たちを包み込む
摩天楼の美しさに、きっと誰もが乙女心をくすぐられるはず。

01. 『月蒼くして』



01. 『月蒼くして』


ニューヨークといえば、エンパイア・ステート・ビルディング。『めぐり逢い』など、映画の舞台になることが多いが、この作品では新進気鋭の建築家とちょっと不思議な女の子がここの展望台で出会って恋が生まれる。建築家の恋人から「プロの処女」と呼ばれるマギー・マクナマラ演じるパティは、いまならばズーイー・デシャネルがはまりそうなつかみどころのないキャラクター。狭いニューヨークのアパートメントらしいリビングにもダイニングにも対応可能なモダン・デザインの家具、パティが欲しがる新製品の口紅、裁縫道具など、小道具も面白い。

●監督/オットー・プレミンジャー

●脚本/F・ヒュー・ハーバート

●出演/ウィリアム・ホールデン、デヴィッド・ニーヴン、マギー・マクナマラ

●1953年、アメリカ映画

●DVD ¥5,040

●販売元/ジュネス企画

©amanaダミー