1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋人未満の理想の彼とも付き会える!恋愛で「選ばれる女性」になるために

恋人未満の理想の彼とも付き会える!恋愛で「選ばれる女性」になるために

  • 2016.8.11
  • 3612 views

絶対、彼と付き合いたい!

出会いがないから…と、あまり期待しないで行った婚活パーティで、まさかの「一目惚れ」!?

見た目も雰囲気も、経歴も話もすべて合格! これ以上ないと思えるくらい“タイプの彼”と出会えるのは、とても幸せなことですよね。

しかし、このような彼は、当然モテるもの。並み居るライバルに差をつけて、彼から“選ばれる女性”になるには、いったいどうすればいいのでしょうか。

今回、恋愛ユニバーシティに寄せられていた相談も、「婚活パーティで知り合った彼が超タイプでした。正式にお付き合いしたいです!」というご相談です。

“彼と絶対結婚したい!”と思ったら、賢い戦略が必要。“選ばれる女性”になるために、ぜひ参考にしてみては。

【相談】婚活パーティで会った彼が、かなり好みでした。失敗したくないです!

出会いがなくて参加した婚活パーティで、見た目も雰囲気もタイプの彼がいて、人生初めての一目惚れをしてしまいました。残念ながらカップルにはなれなかったのですが、参加者はそれぞれ気になる人3人に連絡先を渡すことができ、彼からも連絡先をもらうことができました。連絡してみると、さっそく食事に行きましょう、と。

実際に二人で会うと、彼が本当にスマート(私が席を立っている間に会計を済ませていたり、お店のチョイスもセンスが良い)で、あまりに好みの男性であることに舞い上がってしまい…。その後、2度ほど食事をしましたがいずれも1万円以上の食事をおごってくれて、体の関係はありませんでしたが、すっかり付き合っているつもりになっていました。

しかし、彼が海外旅行から帰国してから、毎日あった連絡が何となく控えめになり…。旅行のおみやげをもらって、6日間連絡がありません。彼が好きなので、失敗したくないです。(20代後半 女性)

恋愛の悩みに感度の高い恋ユニユーザーから多くの支持を集めていた回答をまとめると次のようなものでした。

1. 連絡は「自分発信」では絶対にしない

まず、恋ユニユーザーからは、理想の男性と出会えたことを祝福する声がたくさんあがりました。

また、6日間彼から連絡がないけれど、今は相談者さんから彼に連絡をすべきではない、という意見も多く寄せられました。「彼から連絡が来なくなって心配しているかもしれませんが、きっとそれは相談者さんが自分のことを好きだ、と自覚を持ったからだと思います。」「彼自身から「仕事が忙しい」と言われているのですから、もう少し待ってみましょう。」というアドバイスもありました。

では、なぜこのようなときに彼への「自分発信の連絡」をしないほうがいいのでしょうか。

それは、彼に“ある戸惑い”を生じさせるためなのだそう。

「彼からの連絡をきちんと待つ、彼からの連絡が来たら翌日まで未読にして半日経ったら返す、それを繰り返していくと、彼は“あれ?自分に興味持ってくれていたはずなのに?”、という戸惑いを感じる」ようになるといいます。

実はこの“戸惑い”が、男性が女性に執着心を持つ要因になると言うのです。「男性は、自分のことを好きだろうと確信している相手から、一方的に距離を置かれると、相手に強い執着心が生まれ、その女性に対する希少価値が高まる」のだそう。

恋愛カウンセラー・ぐっどうぃる博士も彼のテンションを上げるには、常に「手に入りそうで入らない距離」にいるべき、と言っています。「彼が求める距離よりちょっと遠い距離」を常にとり続けることで、彼のあなたへの執着心が高まるのですね。

また、「彼と会っているときは楽しく、会っていない時はそっけなく」というつきあい方をしたほうがいい、というアドバイスもありました。今の状況では本当に彼が忙しいから連絡できないのか、相談者さん以外にも気になる人がいるのか、判断できないため、「彼が相談者さんに興味があるのかないのか、を見極めるにも、自分発信はしないこと!」と多くのユーザーがすすめていました。今は「自分発信」の連絡をひかえ、彼からの連絡を待つのがいいようですね。

2.おごってもらった時の賢い対処法

また、彼が食事において、女性に対してとてもスマートに振舞っていることから、「彼はどうすれば女性が落ちるのか?を知ってる男性ですね。こういう男性は、たくさんの女性を見てきているでしょう。ライバルはたくさんいる、と思っておいた方が良いですね。」という意見もありました。

さらに、彼の年齢が30代前半のため、「そろそろ身を固めようか・・・と思う時期でもあるので、彼も女性を”自分の妻としてふさわしいか?”という点で査定している」という指摘もありました。

そのような視点から、「相手から受け取るばかりの女性には、結婚を考えた時にちょっと…と思われる気がします。『これ、おすすめのお菓子なんだけど、いつもごちそうになっているから。』などと言って、こちらもお礼を渡すことが3回に1回はあってもいいかと思う。」というアドバイスもありました。

また、「おごってもらったら、気持ちよく笑顔で「ごちそうさまでした!」と言えたか、後できちんとお礼のメールやラインなどをしたか、が大事です。」「おごられて当然!などという態度を取っていないか?」という点も注意したほうがいいようですね。

スマートな男性ほど、してあげたことに対して、相手の女性がどのように反応するかをよく見ているのかもしれません。必ず笑顔でお礼をいい、3回に1回は自分からお金を払ったり、お礼の品を持ち寄る気遣いを示し、おごられるばかりにならないようにしておくのが大事なのですね。

3.彼と付き合う前に体の関係をもたない

相談者さんは、彼から実際に「付き合おう」という正式な言葉をもらっていないことから、「付き合う前に体の関係をもたないのは正解です。」という意見もありました。

ぐっどうぃる博士も、「男性は本当に好きならないと付き合いたがらない。また、多くの男性は約束を守るという事を重視するため、彼が付き合って欲しいと言って付き合う場合、それなりの覚悟があると考えて良い。」と言っています。

そのため、正式に付き合う前に体の関係を持ってしまうと、“その責任をとらなくても体の関係を持つことのできる相手”、と認識されてしまうため、セフレ扱いにされてしまう、といいます。

相談者さんは、何度も食事にいって付き合っているつもりになっていましたが、実際に彼から「付き合おう」という言葉を言われていないので、まだ「恋人未満」の状態である、ということですね。

「付き合おう」という言葉を彼から引き出す方法については「目指せ、脱・恋人未満!告白しない彼と付き合う方法」を参考にしてみましょう。

いずれにしても、会っているときは楽しく、“居心地のいい女性”と思われるように彼と接し、彼がおごってくれると言っても3回に1回はお礼をしたり、自分で半分は出そうとしたり、会っていないときは「自分発信」で連絡せず、常に彼のテンションよりも自分のテンションを低く保つ、などの戦略が必要になりそうですね。

相談者さんに本当に気があるのなら、いずれ連絡があるのでは、という意見も多数寄せられていました。せっかく出会えた理想の彼と、正式にお付き合いできるように、感情だけで行動せず、冷静にお付き合いをすすめていくことが「選ばれる女性」になるための戦略になりそうです。

この記事は、相談者本人が特定されないため、記事の意図に影響のない範囲で内容を変えています。

参照:みんなの恋愛相談<片思いの相談>「婚活パーティで出会った理想の彼。彼と付き合いたいです!」

(知花きのこ/恋愛ユニバーシティ)

◇プロフィール

知花きのこ / 恋愛ユニバーシティ

恋愛ユニバーシティ公認ライター

恋愛ユニバーシティ公認ライター。