1. トップ
  2. スキンケア
  3. 年齢によって劣化する肌との付き合い方。”肌老化”を防ぐ3つのポイント

年齢によって劣化する肌との付き合い方。”肌老化”を防ぐ3つのポイント

  • 2016.8.11
  • 13219 views

加齢による肌トラブルの原因って?

若い時は特に何も気を付けなくても、お肌に潤いや弾力がありますよね。でも、年齢を重ねるごとに、お肌に関する悩みが増えていきます。加齢による肌トラブルの原因は「肌老化」です。

身体の機能は生まれた時からどんどん衰えていくものなので、肌が衰えていくのも仕方のない事ではあります。ですが、生活習慣やどのような肌のケアをしていたかで、肌老化の始まる年齢や老化具合は人によって大きく変わります。

「肌老化」を防ぐ3 つのポイント

1.紫外線カット

紫外線は肌老化を早める一番の敵です。つまり、日焼けした黒い肌でも構わないという人でも、若々しい肌をキープしたいならUVケアはマストです!夏だけ徹底しても意味ないので、1年を通して行いましょう。

2.コラーゲンを増やす

コラーゲンそのものを摂取するのではなく、コラーゲンを作る「線維芽細胞」を活性化させる成分を化粧品から補いましょう。コラーゲンを増やすのに有効な成分には、特に「ビタミンC誘導体」「ナイアシン」「レチノール」があります。コラーゲンだけでなく、ターンオーバーを促進させる働きもあるので、マルチな肌老化対策としてはとても有効な成分です。

3.定期的なピーリング

ピーリングとは、肌表面に残ってしまっている古い角質を剥がすことで、加齢によって遅くなっていくターンオーバーを早める効果があります。古い角質を人工的に剥がしてしまうことで、新しい細胞ができる準備が整い、コラーゲンも作られやすくなるからです。ピーリング剤には、洗い流すタイプと洗い流さないタイプのものがありますが、お肌への負担が小さい洗い流すタイプがお勧めです。

若い内から高価な美容液などを使い、お肌を甘やかすことはNGです。それは若い年代に限ったことではなく、肌の衰えが始まる30代、40代においても言えることです。その年代に必要なケア、まずは自分のお肌の状態を把握して、お肌に必要な正しいケアを日々実践していくことが大事です。
いつまでも肌の健康をキープして、素敵に年齢を重ねましょう!