1. トップ
  2. ネイル
  3. 傷む?傷まない?自分に合ったジェルネイルの種類とは?

傷む?傷まない?自分に合ったジェルネイルの種類とは?

  • 2016.8.6
  • 13583 views

指先をきれいに飾ってくれるネイル。ぷっくりとしたかわいらしい形と、丈夫で長持ちすることから女子に圧倒的支持を受けているのがジェルネイルです。でもそのジェルネイル、本当にあなたの爪に合っていますか?

実はジェルネイルって種類によって違いがあるのです。 

■■デザイン性と強度を重視するなら

ジェルネイルには、大きく分けて「ハードジェル」と「ソフトジェル」のふたつがあります。ハードジェルは、ジェルネイル最大の魅力であるツヤがばつぐんで、強度が高いのも特徴。初のジェルネイルとして誕生したのが、このハードジェルでした。

高い強度を生かして、長さ・高さ・丸みを出すことができるので、爪を長く見せたネイルを楽しみたいときやストーンやデコレーションで重さのあるデザインにしたいときにはおすすめです。外すときは、削って落とします。

■■ツヤ色を長持ちさせたいなら

ソークオフジェルとも呼ばれるソフトジェルは、薄づきなのでつけ心地が軽く、自然なツヤ感があります。長さを出さず自分の爪を生かしたネイルなので、どちらかというとマニキュアに近い感じ。ですがマニキュアよりも色ツヤの持ちがよく、塗った後乾くまでの時間が短いので、うっかりしてよれてしまうといった失敗もありません。

専用のリムーバーで溶かして落とせるので、地爪への負担が少ないのもいいところ。爪が弱い人や二枚爪の人、初心者さんはこちらを試してみては?

■■ソフトジェルのツートップ

ソフトジェルは、どこのブランド製かによってさらにいくつかの種類に分けられます。現在ソフトジェルのトップに君臨するのが「カルジェル」と「バイオジェル」。カルジェルはダメージを最小限に抑えた、より薄くナチュラルな仕上がりが魅力です。

一方バイオジェルは、カルジェルに比べると少し硬い仕上がりになるので、長さを出せることがメリット。柔らかく自然な雰囲気のカルジェル、ソフトジェルでありながら硬さを備え持つバイオジェル、好みや気分に合わせて使い分けてみてはいかがですか?

■■ブーム到来の予感?!パラジェル

ネイルをくり返した結果、爪がボロボロに・・・という方に強い味方が登場!ジェルネイルを楽しみたいけれど爪を傷めるのはもうイヤ、そんな乙女の要望を可能にしたのが「パラジェル」です。大きな特徴は、サンディングというジェルを塗る前に爪を削る工程がないため、爪へのダメージを最小限に抑えられること。さらには、固めるときに専用LEDライトを使うので約30秒でOK。スピーディーにすませたい、前回のネイルで爪が傷んでしまったけれどネイルはやめられない、という方には嬉しいですね。

■■ジェルネイルを長く楽しむために

自分に合うジェルネイルを見つけるには、自分の爪の健康状態とやってみたいデザインとのバランスをとるのが大切。爪のコンディションを保ちつつ、理想のジェルネイルを楽しんでくださいね!(入間るい/ライター)

(ハウコレ編集部)