1. トップ
  2. おでかけ
  3. やっぱり夏は海!私の人生を変えたビーチ。(Moe Tsukamoto)

やっぱり夏は海!私の人生を変えたビーチ。(Moe Tsukamoto)

  • 2016.8.2
  • 2010 views

Nasa/Best Image/アフロ

【さらに写真を見る】やっぱり夏は海!私の人生を変えたビーチ。(Moe Tsukamoto)

毎年8月になると海へ行きたくなります。これまでの人生で心に残った世界の美しい海とビーチ。

世界遺産でもある世界最大のサンゴ礁地帯、「グレート・バリア・リーフ」。

今まで目にした海の中で一番美しかったのは、やはり世界最大のサンゴ礁地帯でもある、「グレート・バリア・リーフ」(Great Barrier Reef)。オーストラリア北東に位置する青い海を、飛行機から見下ろしたときの衝撃と感動は、今まで経験したことがないものでした。私は、グレートバリアリーフの中に浮く無人島にテントを張って1週間滞在するという体験をしました。その後の人生、海さえあれば心が豊かになると思えるきっかけになりました。

過去にもご紹介

しましたが、夏休みになると必ず訪れていたのは南フランスのコート・ダジュールにある「サント=マキシム」(Sainte-Maxime)という地区です。「サント=マキシム」にあるプライベートビーチで過ごすひとときは、私にとって心を満たされる時間。ビーチにあるマリオ・プラージュ(Mario Plage)などのレストランでは、絶品のシーフードやデザートを楽しむことができます。

何度も訪れた「サント=マキシム」のビーチ。

知る人ぞ知る、マルタの小さなビーチ「ブルーラグーン」。

地中海に位置する南ヨーロッパの島国、マルタを訪れたときには、コミノという島への小旅行をおすすめします。マルタの首都バレッタからバスと船を乗り継いで向かうコミノ島。ホテルが1つある以外、住民がいないこの小さな島には、世界最高レベルの透明度を誇る「ブルーラグーン」(Blue Lagoon)と呼ばれる美しいビーチがあります。帰りにぜひ立ち寄ってほしいのが「ブルーグロット」(Blue Grotto)と呼ばれる海の洞窟です。ボートに乗ったままエメラルドに輝く洞窟へ入ると、幻想的な気分にひたれます。

インドネシアでシュノーケリングをするなら「ギリ・トラワンガン島」へ。

インドネシアへ旅行をする際には、観光客の多いバリ島を離れて「ロンボク島」 (Pulau Lombok) での観光と、「ロンボク島」の隣に浮かぶギリ3島でリラックスすることもお忘れなく。色鮮やかな熱帯魚に囲まれながらシュノーケリングを存分に楽しむことのできるスポットです。なかでも、歩いて回れるほどの小さな島「ギリ・トラワンガン島」(Gili Trawangan) が、散歩を楽んだり、船で沖合まで出たりと、南国気分を味わえるのでおすすめです。

参照元:VOGUE JAPAN