1. トップ
  2. スキンケア
  3. 最後まで楽しみたい!「ジェルネイル」を長持ちさせる方法

最後まで楽しみたい!「ジェルネイル」を長持ちさせる方法

  • 2016.8.1
  • 1420 views

一度、可愛く仕上げてもらった以上は、できるだけ長持ちさせたい!誰もが、そう考えるでしょう。きちんと工夫をすれば、何とかもたせることができるかもしれません。今回は「ジェルネイル」を長持ちさせる方法をご紹介いたします。

長持ちさせたい!

【イットネイル】せっかく時間をかけてネイルをしてもらったのに…。

ジェルネイルは長くもって4週間。早ければ3週目辺りから剥がれて始めますよね。ネイルは、どちらかといえば高いお買いもの。だからこそ、ボロボロになってくると心までもが痛くなります。

できれば、可愛いジェルネイルは長く楽しみ続けたいですよね。

ポイントさえ掴めば、今よりもほんの少しだけ長持ちさせられるかも!?

そこで今回は「ジェルネイル」を長持ちさせる方法をご紹介いたします。

保湿ケアをする

爪は、お肌と同じく乾燥します。

普段から丁寧にお手入れしないと、水分が足りずに爪も割れてくるのです。

ネイルを長持ちさせたいなら、とにかく保湿をしてあげること。

油分を爪先に塗ることによって爪割れを防止できます。

ハンドクリームよりもキューティクルオイルを使ってお手入れしてあげましょう。オイルをもみこみながら、ほぐすようにマッサージしてあげると、指先の血行もよくなり、ジェルネイルも長くもつ可能性が高くなります。

トップコートを塗る

ネイリストさんに可愛くしてもらってから、ずっと何もせずに毎日、過ごしていませんか?

これでは長持ちするどころか、3週目に入った途端に、そろそろ剥がれるんじゃないかとヒヤヒヤしなければいけません。

ネイルをしてもらった後、自分でできる対策としては、トップコートを塗ることが挙げられます。

表面上は分からなくても、ジェルネイルをしている間に家事や仕事をしていれば、傷はついているもの。上からちゃんとトップコートを塗れば、そういったダメージからも爪を守ることができるのです。

家事の負担を減らす

毎日過ごしていれば、家事をしないわけにはいきません。

実家暮らしならともかく一人暮らしの場合は、自分しか頼れる存在しかいないもの…。しかし、通常通り家事を行っていては、せっかく時間をかけて作り上げたネイルもあっという間にボロボロになってしまいます。

長持ちさせたいなら、許される範囲で家事の負担を減らしましょう。

たとえば、食器を洗うときはゴム製の手袋をはめることでダメージを軽減できます。

あるいは、シャンプーをするときは爪を立てて洗うのではなく、専用のブラシを用意すれば、ネイルが欠けることもなくなるでしょう。

いかがでしたか?

ジェルネイルをもたせるためには「工夫すること」が大事!

ネイリストさん頼みでいてはいけません。できるだけ爪に負担を与えないように、工夫をして、長持ちさせていきましょう。