1. トップ
  2. 恋愛
  3. 積極的なの?草食系なの?気持ちが読めない彼への対処法

積極的なの?草食系なの?気持ちが読めない彼への対処法

  • 2016.7.30
  • 7774 views

今回、恋愛ユニバーシティに寄せられていたのは「彼から連絡先を聞かれたけど、誘うのはいつも私から。実は彼は草食系男子?」というお悩みです。

彼を食事に誘ったところ、お店のリサーチまでしてくれて、そのあとのスケジュールまで決めてくれたのに…、その後、彼からの連絡はなし。彼は奥手なのか、自分が舞い上がっているだけなのか?このような男性の本心はどのようなものなのでしょうか。恋ユニユーザーの声を聞いてみましょう!

【相談】彼から連絡先を聞かれたけど、誘うのはいつも私から。彼は草食系男子?

合コンで知り合い、気になっている男性が今どういう気持ちか知りたいです。二度、私から食事に誘い、彼が2回ともお店をリサーチして、支払いまでしてくれました。さらに彼から「もうちょっと飲む?」と2件目に誘われたり、連絡先も「番号とアドレスを交換しよう。」と言ってくれました。

連絡をすると返してくれるのですが、彼からのお誘いは一度もなく、何もしなかったらフェードアウトになりそうな気がします。そんな彼は草食系?と思いきや、前の彼女には自分から告白したのだそう。脈がないようなら諦めますが、男性はこのようなとき、どういう気持ちなのでしょうか?(20代後半・女性)

恋愛の悩みに感度の高い恋ユニユーザーから多くの支持を集めていた回答をまとめると次のようなものでした。

1.彼女か好きな女性がいるのかも。自分から誘わないで!

恋ユニユーザーからの意見で一番多かったのは「彼女か、ほかに好きな女性いるのでは。」というものでした。そういう男性に対しては「自分から誘っちゃダメです。彼が相談者さんに少しでも気があれば誘ってきます。」という意見も多かったため、彼のアクション待ちになりそうですね。また、「草食系男子でも本当にいいな、と思う場合は自分から女性を誘う。」という意見もありました。現時点では恋人候補ではないのかもしれませんが、彼が誘いたくなるような外見磨きに力を入れてみるのもいいですよね。

LINE以外の連絡先も聞いてくれた彼、時間が経過してからのテンションがどうなっているか見極めるためにも、相談者さんからの連絡をストップしてみるのがいいのかもしれません。

2.“こんな男性もいるんだな”くらいの軽い気持ちをキープ

相談者さんと同じく、誘うのはいつも自分からだったという恋ユニユーザーからは「こういう男性もいるんだなぁという、ひとつのパターンとして考えてみては。」とのコメントがありました。受け身の姿勢はまさに草食系男子の典型なのかもしれません。相談者さんの諦めたくない気持ちが強ければ、余裕ある態度を見せることもポイントかもしれません。しかし自分から連絡しなかったらそのまま自然消滅してしまった、という恋ユニユーザーもいました。

二度も食事にお誘いしているため、彼も相談者さんの気持ちに気づいているかもしれません。それでも反応がない彼をずっと思い続けられるかどうか、自分自身にも問いかけてみてはいかがでしょうか。

3.自分の気持ちに気づくまでに時間がかかるタイプもいる

さらに、相談者さんと同じような経験を持つという恋ユニユーザーからは、「男性って決断するまで時間かかるんです。女性よりも自分の気持ちに気づくのが遅いです。」「メールをやめたら数日後、彼から『やっぱり君のことが好きだと気づいた。付き合って下さい』と連絡が。」といった経験談がありました。彼からの連絡がなくても、完全に脈がないと諦めるのはまだ早いかもしれません。今、相談者さんが距離をおけば、“俺のこと好きじゃなかったのかな?”と気になって、連絡が来るかもしれません。
恋する女ゴコロのままでは、状況を楽観視することは難しいかもしれませんが、しばらく彼を放っておくのがよさそうです。女性からの連絡が途絶えてみて初めて、自分の好きな気持ちに気づく。そんな男性も少なくないということですね。

今回のお悩み、いかがでしたか?恋ユニユーザーからの意見をまとめると、自分から連絡しないことがベストなようです。2回の食事デートでお店を探したり、ご馳走したり…という彼の本音はまだわかりません。お誘いがないことを深刻に受け止めず、リラックスして待ってみてもよさそうです。

参照:みんなの恋愛相談<片思いの相談>「積極的なの?草食系なの?気持ちが読めない彼への対処法」

(yuko/ 恋愛ユニバーシティ)

◇プロフィール

yuko / 恋愛ユニバーシティ

WEBライター

フリーライター。恋愛、コスメ、旅行、グルメ、カルチャー系の記事を執筆。 自身のダメ恋経験から、乙女心と冷静さのバランスに注目中。 みんなが恋愛にすがらずに恋愛パワーをうまくキャッチできるような記事を目指しています。