うしろ姿に自信、持てますか? 筋肉痛うけあいの簡単運動でお尻を引き締める!

この夏、あるきっかけで自分の映った動画を目にする機会がありました。そこに映っていたのは…「このオバチャン、誰?」とつぶやきたくなるような、自分の姿。

そう、写真ではキメのアングルとポーズで何となくごまかしてきた自分の体型も、ムービーカメラは容赦なく360度で映し出してしまうのです。

何よりも目を背けたくなったのはその後ろ姿。たぷっとしたお肉が乗った背中とメリハリのないヒップラインには悲哀が漂い、前屈み気味で歩く姿は類人猿のよう。カナダの観光地で撮影されたものでしたが、背景の自然の美しさを払拭して余りある、悲しい光景でした。

さすがにこれはヤバイ、ということでさっそく、身体の裏側を鍛え直すことを決意! 背中のお肉をそぎ落としてくれるのは、何と言ってもヨガ。太陽礼拝、ランジ、T字バランスといったポーズが特に効果的です。

私が長年愛用しているのは(ここ最近、仕舞いっぱなしだったのですが)、ティップネスのパワーヨガDVD。1時間程のプログラムでやや運動強度は高めですが、週1回でもがんばれば数週間のうちに確実にボディライン(特に背中)を変えてくれます。

リラックス効果も高く、クールダウンの「屍のポーズ」のまま、ヨガマットの上で爆睡してしまうことも。

さらにヒップアップを重点的に行うには、スクワットの1種である「スプリット・グッドモーニング」が断然おすすめです。これは、まっすぐ立った姿勢から片足を半歩前に出して少し腰を落とした状態で、股関節を曲げてお辞儀をするように上体を前に倒す&起こすというトレーニング。

動かすのは股関節だけで、上体が床と平行になるくらいまで倒し、また元の姿勢に戻します。両手は頭の後ろで組むか、バーを担いで行うと背中をまっすぐに保ちやすくなります。背中が曲がらないように、前の膝も曲げすぎないように注意しましょう。

これをゆっくり(3秒かけて倒し、3秒かけて起こす)、左右の脚で10回ずつ(回数はご自身で、できる範囲に調整してくださいね)行うだけで、ももの後ろ側『ハムストリングス』からヒップのサイドとトップ、背中全体にのびる『脊柱起立筋』に至るまで、プルプルするほど効いてきます。

特にお尻の筋肉『大臀筋』は筋肉痛になることうけあい(そう、筋肉痛こそトレーニングの「ごほうび」ですからね)。

もちろん個人差はありますし、腰などに痛みを感じる場合は中止してください。ジムのマシントレーニングやヨガも含めいろいろ試してきましたが、これほどお尻に効く運動はありませんでした。

あの怖ろしい動画のおかげでモチベーションは高まったものの、まだ道半ば。今日も悔しさを胸に、背面を鍛えます!

(Kikka)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理