1. トップ
  2. メイク
  3. お得がいっぱい!毎日でも行きたくなるコスメカウンターの楽しみ方

お得がいっぱい!毎日でも行きたくなるコスメカウンターの楽しみ方

  • 2016.7.5
  • 5157 views

コスメカウンターのネガティブイメージと実際

イメージ①行ったら必ず買わないと。。

→全くそんなことはありません!!

タッチアップをされ、「お似合いです」と言われたら、購入しなければならないのでは?と気負いしてませんか?
決断するのは私たちです。「欲しい」と感じた時以外、無理に購入する必要はもちろんありません。

実は、コスメ・メイク好きの人ほどその場で買うことは少ないです。
理由は、「いろいろな照明・時間経過後の仕上がりをチェックしたいから」です。
百貨店の照明はとても明るいため、まずは太陽光・暗い室内等での発色や見え方を確認します。
次に、時間が経過したあとの肌馴染み・発色などを見て、気に入った場合に購入を決めるのが、失敗しない買い物方法でもあるのです。

なので、タッチアップされたあとは、気に入った場合もそうでない場合も
「ほかの照明や時間が経った後の様子を確認したいので、品番教えてください」と言えばOKです。
BAさんも、快く教えてくれますよ。
控えをもらえば、実際に購入を決めた際もスムーズです。

 

イメージ②おしゃれをしていかないと。。

→普段通りのスタイルのほうが、似合うものを選んで貰える!

場所が百貨店であり、しっかりとメイクをした華やかなBAさんに接客をされるため、少しおしゃれをしないと近寄れない空間と思ってはいませんか?
でも、普段通りのスタイルで行ったほうが、BAさんもお客様のライフスタイルやファッションに合わせたメイクが提案しやすいのです。
なので、いつも通りの自分で行くのがベターです。
また、すっぴんで行って「似合うメイクしてください」とお願いするのも手。

イメージ③年齢や容姿により相手にされないのでは。。

→お客様には変わりありません!

年齢や容姿がそのブランドのターゲット層とマッチしていない場合、「どうせ購入しないだろう」と思われて接客がおざなりになるのではないかと不安に感じることがありますよね?
しかし、そんなことは関係ありません。例えば、小中学生の方が、お母様へのプレゼント選びで来店することもあるでしょう。
少し大人になりたい高校生もいるかもしれません。
堂々と、自分の疑問や要望を伝えれば、なんの問題もありません。

コスメカウンターの楽しみ方

①メイクを教えてもらう

トレンドのメイクはもちろん自分に似合うカラーやメイクの方法、それに、ブラシの使い方なんかも質問すれば丁寧に教えてくれます。

「結婚式に参列するので華やかなメイクをしたい」等、具体的なイメージを伝えるのもおすすめです。

 

②サンプルをもらう

スキンケア商品やファンデーションは、サンプルを用意しているブランドが多いです。
「この商品のサンプルが欲しい」と口頭で伝えると、在庫があればもらえます(FDは標準色のみが多い)。

使用感や自分のお肌との相性を知った上での購入はとても重要なので、サンプルだけもらって何も買わずに帰ることは少しも恥ずかしいことではありません。
また、良く買い物をしている場合は、購入の際に「旅行にいくからサンプルサイズが欲しい」と伝えると、ご厚意でサービスしてくれることもありますよ。

コスメカウンターを敬遠せずに、上手に利用して、メイクアップライフをもっと楽しくしませんか?
BAさんとの相性があるので、いろいろな店舗を回ってみると、より面白くなるはずです。

コスメ好きにとって、百貨店の一階はまるでテーマパーク!
あなたならではの楽しみ方を見つけてください。
ぜひ、うまく活用して、より美しくなっちゃいましょう!