1. トップ
  2. グルメ
  3. MICASADECO&CAFEの話

MICASADECO&CAFEの話

  • 2016.7.1
  • 2682 views

いつからだろう。

パンケーキが、こんなにも女の子の心をときめかせる存在になったのは。

 

幼い頃に読んだ「ぐりとぐら」の絵本の中に、大きなパンケーキが出てきたのを思い出す。その頃から夢のあるおやつだったのかもしれない。

 

ふわふわ。とろーり。にんまり。ぱくり。

 

少しの待ち時間を、こんな妄想でうめつくせれたら…幸せな甘ーい時間のはじまりです。

 

今日訪れたのは、今年6月にオープンしたばかりのMICASADECO&CAFE。

渋谷と原宿のちょうど真ん中。キャットストリート内にある、真っ白で可愛い建物の2階。

1階のホワイトアトリエ バイ コンバースが目印です。

 

階段をのぼり店内に入ると、ちょっと意外な和の空間が広がります。

扇型に小さくくり抜かれた壁からは、照明がぼんやりテーブルを照らし、ランチョンマットも畳素材。

パンケーキに心躍らせながらも、なんとも落ち着く空間です。

 

まず、私が注文したのは、一番人気の「ふわふわリコッタチーズパンケーキ」。

プルプルとゆられてきた。きたきたきたきた。

いただきまーす。あーん、ぱく。

「……溶けた!」

 

ありふれた表現でちょっぴり恥ずかしいけれど、この言葉が何より似合うのです。

しゅわしゅわと音を立てそうなスフレ状の生地。メレンゲと生地を混ぜ合わせながらふわふわに焼く手法は、相当な訓練が必要なんだとか。

 

個人的に、卵の味がしっかりするのも好みでした。

なんだか優しくて、懐かしい味。

 

中に見える白いものが、リコッタチーズ。

塩気がちょうど良い。甘いだけじゃないのよ、と顔をのぞかせます。

ぱくぱく食べられちゃう秘密は、このチーズにあり。

 

パンケーキは他に、プレーン、ココナッツカスタード、きなことくるみ、グラノーラや抹茶風もちいりパンケーキという変わり種も。

トッピングにはシャンティ(ホイップクリーム)と、これからの季節には嬉しいアイスクリームがある。

 

ドリンクは、店員さんオススメのティーソーダをお供にしました。

さっぱりとしたソーダがパンケーキとよく合うなぁ。

 

そして今日は特別に、ランチメニューからオムレツプレートも。

オムレツプレートは、7月からはじまる新メニュー。

さすがパンケーキ屋さんのオムレツ。

 

「卵がとろとろ!」

 

オムレツの中には、ベーコンやズッキーニ。その食感が、柔らかい卵のアクセントに。付け合わせのサラダも、女子には嬉しいですね。

ランチメニューは月替りで、毎月のお楽しみ。他フードメニューには、オリジナル玄米キーマカレーやサラダなど健康的なメニューが並びます。

 

あの日夢見たパンケーキ。

大人になり、簡単に食べられるのもなったから、ちょっぴり寂しい気持ちもある。

だけど、それを何度でも味わえるのも大人の特権。

特に、MICASADECOのパンケーキはすぐ口の中でなくなっちゃうからね。なんて。

また、きっと食べたくなる。

 

MICASADECO&CAFE 神宮前

・住所

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前6-16-5 2F

・電話番号

0368927006

・営業時間

11:00〜19:00(ラストオーダー18:30)

・席数 24席

元記事を読む