1. トップ
  2. グルメ
  3. 束の間の現実逃避。私的、癒しのインスタグラム4選。(Yukiko Kaigo)

束の間の現実逃避。私的、癒しのインスタグラム4選。(Yukiko Kaigo)

  • 2016.7.1
  • 1450 views

Photo by Instagram/@drawbertson/Donald Robertson

【さらに写真を見る】束の間の現実逃避。私的、癒しのインスタグラム4選。(Yukiko Kaigo)

その人の世界観が垣間見れるインスタグラム。今回は見るだけでパワーチャージされたり、ヒーリング効果が得られる、お気に入りの注目インスタグラマーをご紹介します。

インスタグラムのアンディ・ウォーホル。

インスタグラムでクリエイティブなアートを発信して注目を集め、CFDAアワード「ファッションインスタグラマー・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされ、一躍トップ・アーティストの仲間入りを果たしたNY在住のDonald Robertson。

"インスタグラムのアンディ・ウォーホル"と称され、NYの高級デパート、バーグドルフグッドマンのウィンドウ・ディスプレイをはじめ、M.A.Cエスティ ローダー、アリス+オリビア、KENZOなど、数々のコスメ&ファッションブランドともコラボレーションしています。US版『VOGUE』の編集長、アナ・ウィンターやアイリス・アプフェルも特徴を掴んでキャラクター化されていて、可愛いと思いません? 彼の描く、ラフでいておしゃれな、ユーモア溢れるイラストがお気に入りです。

そして、ドナルドのインスタグラムのもう一つの癒しが彼の子供たち。実は5児の父親であるドナルド。最近は一番下の双子の息子さん達がたびたび登場するのですが、そのエンジェルっぷりがたまりません! と同時に、ドナルドの素敵すぎる父親ぶりが相まって、微笑ましくて自然と顔が緩みます。

ポップ&キュート! 弾けるようなハッピーオーラ満載。

NY在住のDIYインスタグラマー、Sam Ushiro。インダストリアルデザイナーかつ、スタイリストでもある彼女のページは、とにかくポップでキュート! ビビッドカラーの写真たちは、見てるだけでテンションがアガります。アメリカらしいカラフルなスイーツや、食べ物モチーフのインテリアグッズが満載で、お菓子の国にタイムスリップした気分に。疲れを吹き飛ばしてくれるハッピーオーラ満載です。また、大のドーナツ好きでもある彼女、VOGUEウェブサイトの「可愛くて使えるビーチアイテム」でも紹介しているドーナツの浮き輪がお気に入りの様子♡

海外版ざわちん!? 往年の女優そっくりのメイクテクがとにかくスゴイ。

Annelies van Overbeekは、往年の女優そっくりのものまねメイクで人気のベルギー在住の女の子。日本にも、芸能人のものまねメイクで話題沸騰中のざわちんがいますが、まさにその海外版といえるかも。弱冠まだ17歳とは思えないほどの大人びたルックスで、 中でもオードリー・ヘップバーンは本当にそっくり! もともとクラシックな顔立ちなので、ディズニーの白雪姫や『風と共に去りぬ』のヴィヴィアン・リーもお手のもの。また、メイクだけでなくファッションからヘアスタイルまで、すべて完璧になりきるそのプロフェッショナルぶりには脱帽します。通勤や仕事の合間に見ては、似てるー!と楽しんでいます。

思わず旅に出たくなる。カリフォルニアの大自然の中に住むおしゃれカップル。

カルフォルニア州のジョシュアツリー国立公園の近くに家を構え、Airbnbをしているカップルのアカウント、The Joshua Tree Houseは、まさしく『大草原の小さな家』の砂漠バージョン。スピリチュアルな空気が漂う巨大な岩や、公園の名前にもなっているサボテンのような植物・ジョシュアツリーの壮大な景色からは、マイナスイオンをバシバシと感じ、ヒーリング効果絶大です。大自然の魅力に誘われて、思わずどこか旅に行きたくなります。

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む