1. トップ
  2. おでかけ
  3. 木のぬくもりに包まれた森のような空間―美しいガラスアートの世界に浸れる「富山市ガラス美術館」

木のぬくもりに包まれた森のような空間―美しいガラスアートの世界に浸れる「富山市ガラス美術館」

  • 2016.6.24
  • 2342 views

2015年8月に富山市のまちなかに開館した「富山市ガラス美術館」。 隈研吾氏が建築・設計した木のぬくもりあふれる建物の中に、現代ガラス美術の第一人者であるデイル・チフーリ氏の工房「チフーリ・スタジオ」が手がけた作品をはじめ、美しいガラスアート作品が展示されています。 キラキラとした開放的な空間の中で、ガラスアートの世界に浸ってみませんか?

まるで森の中!木のぬくもりと太陽の光に包まれる空間

富山市の中心市街地にある複合施設「TOYAMAキラリ」の中に「富山市ガラス美術館」はあります。設計を手がけたのは建築家・隈研吾氏。

外観には富山の名産であるアルミやガラス、御影石が使われています。また施設内は、富山県産材の杉、ガラス、鏡が並び、木の隙間からは光がキラキラと降り注ぐ、開放的な空間となっています。 「ガラスの街とやま」として、ガラス作家の育成や産業化などに取り組んできた富山市。

その集大成の施設として誕生した美術館は、国内外の現代ガラスアート作品を常設展示し、魅力あふれる企画展が開かれるなど、開館以来多くの人で賑わっています。

また施設内には、ゆったりとくつろげるカフェ「FUMUROYA CAFE」やミュージアムショップ、また「富山市立図書館本館」も併設。美術館に加えて、広々とした空間の中でさまざまな楽しみ方ができます。

富山でしか味わえない!ガラスアートの幻想的な世界観に浸りましょう

美術館は、館内最上階の6階から下のフロアへ順に降りてまわるのがオススメ。

6階の「グラス・アート・ガーデン」では、現代ガラスアートの巨匠「デイル・チフーリ」氏の工房が手がける空間芸術作品に出会えます。

その中の一つ「トヤマ・フロート・ボート」は、富山市の神通川で実際に漁で使用されていた笹舟をつかった作品。色とりどりの浮玉とのコラボレーションに目を奪われます。

その他、富山県産の木材を使った作品など、ここ富山市でしかお目にかかることができないチフーリ氏の作品の数々を展示。

光や影がつくる空間がガラスアートと一体となり、幻想的な世界観に浸ることができます。

5階から2階までは、展示室や、有料の貸し出しスペースとしてギャラリースペースがあります。

4階では常設展として、富山市が所蔵する国内外の作家が手がける作品を展示する「コレクション展」を鑑賞することができます。また展示室の壁面や図書館内には、富山ゆかりの作家作品を自由に鑑賞できる「グラス・アートパサージュ」があり、施設全体を通して、心ゆくまでガラスアートを味わえます。

3階、2階ではさまざまな企画展が時期によって開催され、1950年代以降の現代ガラスアート作品を中心にさまざまな美術表現を楽しむことができます。

麩をつかったメニューが楽しめる、くつろぎのカフェ

美術館をひととおり楽しんだあとは、2階にある「FUMUROYA CAFE」でひとやすみ。

「FUMUROYA CAFE TOYAMAキラリ店」では、お麩をつかったランチやスイーツが味わえます。

初夏の季節に嬉しい「豆乳麹ドリンク(アイス)」(638円)は、ガラス工芸作家手作りの作品で楽しむことができるんですよ。自社製無調整豆乳をつかったさらりとした口当たりで、疲れた体にやさしく染み渡ります。美術館の余韻に浸りながら、ゆっくりと過ごしましょう。

ミュージアムショップも充実

2階のミュージアムショップでは、富山市ガラス美術館のオリジナルグッズや、ガラス工芸作家の作品も実際に購入することができます。お菓子や雑貨など富山のご当地みやげもあり、旅行のおみやげ選びもできるのが嬉しいですね。

美術館を満喫したあとは、併設の図書館を楽しむのもよし、街中に出て富山市内を散策するのもよし。さまざまな楽しみかたができるのは、市街地にある美術館ならでは。

ぜひ富山に来た際は、足を運んでみてはいかがですか。