1. トップ
  2. グルメ
  3. スイーツの激戦区・神戸で見つけた売り切れ続出のハイブリッドスイーツ「ユメクロ」とは?

スイーツの激戦区・神戸で見つけた売り切れ続出のハイブリッドスイーツ「ユメクロ」とは?

  • 2016.6.22
  • 6952 views

“一度食べたら忘れられない”、おみやげに持って行くと必ず“どこで買ったの?”と聞かれると評判の、「ユメクロ」。多い日には200個完売することもあるという、そのおいしさの秘密をご紹介します。

地元の人に愛される街の洋菓子店

「ユメクロ」が買えるのは、下町の雰囲気漂う神戸・湊川公園駅から、徒歩5分ほどにある洋菓子店「you+me」。かわいらしいカバのイラストが目印です。

もともとこちらのお店は、「ユメクロ」(180円)と「シュークリーム」(150円)をメインにスタート。数少ないケーキ屋さんとして、地元の人に愛される存在になりました。

その後「ユメクロ」は、他にはないクロワッサンスイーツとしてじわじわと広まり、今では噂を聞きつけた県外からのお客さんも増えています。

優しい甘さと軽やかな食感に感動

試行錯誤を重ねて選ばれたこだわりの素材を使い、毎日ひとつひとつ丁寧に作られる「ユメクロ」。

早速ひと口ほおばると、パリッという食感の後、バターの風味と砂糖がこげたカラメルの香りがふわっと口の中に広がります。カスタードクリームと生クリームを、オリジナルの分量で混ぜたトロトロのクリームは、予想以上にさっぱりとした口当たりで、いくつでも食べられそう。

半分に割ると、クリームがはみ出ることがなく食べやすいですよ。

季節や日によって種類もいろいろ

プレーンの他に「ユメクロ チョコチップ」(200円)も定番。ごろごろと入ったチョコチップの食感が、クリームに負けない存在感です。

不定期で「イチゴ」、「抹茶」、「アーモンド」などが登場することもあるので、気になる味があるときは、気軽に尋ねてみてくださいね。

「オリジナルラスク」「トローリプリン」もお試しあれ

それだけで食べてもおいしい、ユメクロに使われるクロワッサンで作ったラスク(120円)もおすすめです。サクサクのしっかりとした食感と、バターのリッチな香りが、紅茶やコーヒのお供にぴったり。日持ちもするのでおみやげにも喜ばれそう。

濃いミルクの味とビターなカラメルが相性抜群の「トローリプリン」(280円)は、名前の通り口の中でとろけてしまいます。

どちらの商品も数に限りがあり、特に「ユメクロ」は早い日には13時くらいには売り切れてしまうこともあるそうなので、お早めにどうぞ♪