1. トップ
  2. ネイル
  3. 爪が弱い人へ。ネイルハードナーとディープセラムのメリット

爪が弱い人へ。ネイルハードナーとディープセラムのメリット

  • 2016.6.22
  • 3512 views

爪が弱くてすぐに折れる、二枚爪になる、そんな悩みを持つ人ってかなり多いはず。爪を強くするために何かしたいけど、ネイルハードナーやCMで話題のディープセラムって効くの?そんな疑問にお答えします。この2つの使い方とその違い、わかっているとすごく便利ですよ。

ドクターネイルディープセラムは爪の補修液

【イットネイル】ディープセラムは爪の内部に栄養素を浸透させて爪を丈夫にします。

爪はケラチンというタンパク質からできています。ディープセラムに含まれる有機硫黄がケラチンの生成を促すのです。さらにケイ素を含む天然成分のハーブエキスがコラーゲンを増強、老化を防止してくれます。

栄養成分を浸透させて爪を丈夫にするため、浸透して効果を感じられるまでには1ヶ月ほどかかります。

今現在の爪のダメージがひどく、すぐ折れる、ヒビが入る、といった場合には即効性はありません。

水溶性なので、手を洗ってしまうと栄養成分が洗い落とされてしまうため寝る前に塗るのがおすすめ。匂いもなく、爪に吸収されているようなさらっとした使い心地に人気があるようです。

ネイルハードナーはカバー力抜群

ネイルハードナーは爪を丈夫にする、といってもカバーしてダメージから爪を守る、というもの。いわばベースコートに栄養成分を多く含ませた、といったところ。

もちろん、栄養成分も吸収されますが、吸収されないものも必ずあるのでどこかで必ずオフすることが必要になってきます。

そのため、そのときのリムバーのダメージが気になるところ。しかしカバー力が強いため、今現在ひどく爪が痛んでいる人には折れにくい、ヒビが入りにくい、といった感触は得られるはず。

またどうしてもカラーリングしたい人にはベースコートとしても使えるのでオススメ。色々なメーカーから発売されていますが、基本的にネイルポリッシュを発売しているメーカー、ネイルケアブランドのものはオススメです。

昨今、プチプラが人気ですが爪が弱っているのが気になるなら、それなりにお金はかけるべきですよ。

結局どっちが爪にいいの?ネイルオイルは?

ディープセラムとネイルハードナー、結局どちらが爪にいいのか?というと使い方の問題です。根本的に爪を強くするなら、たんぱく質を多く摂取し、バランスのいい食事を心がけて、生えてくる爪を丈夫にするためにネイルオイルを塗る、これが1番。

しかし、今生えている爪をどうにかしたい場合、かなり痛みがひどいならネイルハードナーでとりあえずの補強を。爪の裏側にはディープセラムを塗り、同時進行でネイルオイルをキューティクル周りに塗って生えててくる爪に栄養を与えて。

それを続けて少し爪が元気になったかなと思ったら、ディープセラムがオススメ。もちろんここでもネイルオイルを忘れずに。

根本療法と対処療法、両方でケアしないとキレイな爪を維持することはできません。お手入れはもちろん、爪の元である良質なタンパク質を食べ物から摂ることも忘れずに。

Itnail編集部