1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋人との会話はことば選びが大切! ことばの持つイメージがもたらす秘密とは【黒川伊保子】

恋人との会話はことば選びが大切! ことばの持つイメージがもたらす秘密とは【黒川伊保子】

  • 2014.10.17
  • 282 views

同じ相手に、似たような内容を伝えたのに、上手く伝わったり、伝わらなかったりすることはありませんか。もしかするとそれは、そのときに選んだことばのせいかもしれません。

ことばにはもちろん意味がありますが、それだけではなく、その音にまつわるイメージがあると、脳科学者の黒川伊保子先生は言います。

ことばがどんなイメージを持ち、発した相手にどんな影響をもたらすかを知れば、恋人に話すときもことば選びが大切になってきますよね。例を見てみましょう。

■キスを誘いたいとき

「だから」は、会話に急ブレーキをかける強い停滞のことば。話し相手を不快にさせますが、使い方によっては意外な展開が待っています。

恋人とのデート中、仕事の話を延々と続ける彼。まるでロマンティックでないそんなシーンが生じてしまったら、「だから?」と唐突に聞いてあげましょう。

思わず相手は口をつぐみます。そのくちびるに、二人きりならキスしてあげて。人前ならくちびるをそっと指で触れて。あとはことばの要らない時間になります。

「だから?」が、延々と続く彼の仕事の話を停滞させてくれるのです。一度、ぜひ試してみては?

■責めたいけれどケンカはしたくないとき

「いじわる」は、一途で切なくて、ちくちくして、わくわくして、甘い親密感、セクシーな余韻を残してくれることば。

恋人の言動が無神経だったとき、「ひどい」と真正面から責めるのではなく、「いじわる」とからんであげて。彼は「いじわる」の語感に胸がきゅんとして、あなたの思いに心を砕いてくれるはず。

「いじわる」と言って甘えるのもいいですね。長く付き合って、「好き」「愛してる」のことばが消えても、甘いいじわるがあれば恋は継続していきそうです。

これなら、ちょっと意識すれば簡単に使えそうですね。黒川先生の『いい男は「や行」でねぎらう いい女は「は行」で癒す』には、ことばが持つさまざまなイメージが具体例を挙げながら解説されています。

恋人との会話にはもちろん、普段の人間関係や、ことばで何かを表現するときはいつでも活用できるヒントばかり。

いつもは何気なく選んでいたことばに、意味だけではなく、さまざまな作用をもたらすイメージがあることを知れば、ことばの選び方ひとつでコミュニケーションがもっと変わっていきそうですね。

まとめ:黒川伊保子が教える、幸せを呼ぶ脳のつかい方

ことばの持つイメージを知って、ことば選びの達人になってみては? 彼が突然優しくなった、なんてことになるかも。

毎週金曜更新