1. トップ
  2. ネイル
  3. ジェルネイルの必需品!LEDライトを選ぶ際にチェックすべきポイント3つ

ジェルネイルの必需品!LEDライトを選ぶ際にチェックすべきポイント3つ

  • 2016.6.16
  • 982 views

ジェルネイルを硬化させるにはUVライトもしくはLEDライトのいずれかを使用しますが、最近はLEDライトが主流になってきています。量販店やネットショップでは様々な種類のLEDライトが販売されていますが、いざ購入しようとすると、どれがいいのかなかなか決められなかったりしますよね!そこで今回は、LEDライトを選ぶ際にチェックすべきポイントについて、ご紹介します。

まずはLEDライトのW(ワット)数をチェックしよう

【イットネイル】ジェルネイルをするうえで必ず必要になるアイテムであるLEDライト。このLEDライトを選ぶ際にまずチェックすべきなのは、そのW数です。ジェルネイル用LEDライトのW数は1~32Wくらいで展開されていますが、

・部分的に効果させたり指2~3本ずつ硬化させる…1~3W

・指4本(親指以外)をまとめて硬化させる…5W~

・ジェルのメーカーに関係なく確実に、しかも時間をかけず硬化させる…32W

といったイメージで選んでいきましょう。

LEDライトはそのW数が大きければ大きいほどジェルを硬化させるスピードが速くなりますので、できるだけ早く確実にジェルを硬化させたいという方には、9W以上のLEDライトをおすすめします。

意外と大切なのがLEDライトのサイズ

LEDライトを選ぶうえで意外と大事なのが、そのサイズです。

というのもLEDライトには懐中電灯のようなハンディタイプから指5本を入れても十分余裕があるほど大きなものまで様々なサイズがあり、自分に合ったものを選ぶ必要があるのです。

ご自宅だけでジェルネイルを楽しみたいという場合であればある程度大きくしっかりしたもののほうが良いでしょうが、例えば職場と自宅どちらでもジェルネイルをするため持ち運びしやすいほうが良いという場合は、ハンディタイプなど少し小さめのものをセレクトするといいでしょう。

底板が外せるかどうかも重要なポイント!

ハンドネイルだけではなくフットネイルもするという方の場合、LEDライトを選ぶ際には底板が取り外し可能かどうかについてもチェックしておきましょう。

というのも市販されているLEDライトの中には高さがあまりないものも多く、足の指を入れることができなかったり、LEDライトに足を入れるときライトに爪が当たってアートが台無しになってしまったりすることがあるのです。

フットネイルも楽しみたいという方は、底板が取り外し可能なライトや初めから底板がつけられていないようなLEDライトを使うようにしましょう。

Itnail編集部