1. トップ
  2. ダイエット
  3. 「朝が弱い…」を改善。翌朝スッキリと目覚めるための“就寝1時間前の過ごし方”

「朝が弱い…」を改善。翌朝スッキリと目覚めるための“就寝1時間前の過ごし方”

  • 2016.6.16
  • 9831 views

「朝が弱くて…」と悩んでいる方は少なくないと思います。しかも「明日は朝から大事な予定がある」という時に限って、前日は緊張のあまり余計に寝付きが悪くなることありませんか?

実は成功者やお金持ちのほとんどは『朝型人間』と言われています。早起きは三文の徳と昔から言われるように、1日を有効活用するためにも朝の時間は大切です。実際、始業時間ギリギリにオフィスに駆け込んで来る人、いつも遅刻をする人を、自然と私たちは“社会人としてNG”と考えてしまいますし、そういう人はオフィスでの評価も低いはずです。

それに「質の良い睡眠は美容やダイエットに役立つ」と言われているのは、みなさんもご存知の通り。自分自身の“キレイ“のためにも「朝が弱い…」を改善しておきたいところです。

そこでポイントとなるのが「朝スッキリと目覚めること」。それには「就寝1時間前の過ごし方」がキーになります。

《就寝1時間前の過ごし方》

・蛍光灯やLEDの青白く明るい照明を極力使わない→やや暗めでオレンジ色の光に

・テレビやパソコン、スマホの画面を見ない→光の効果で脳が活性化してしまうため

・眠る前の1時間は、本を読んだり、ストレッチやヨガをする→リラックスさせるような行動を意識することが大切

でも、忙しい毎日を過ごしていると「就寝前にリラックスタイムを設けるなんてムリ!」という方もいるかと思います。そんな方にオススメしたいのが、夜寝る前に摂取するだけで翌朝スッキリと目覚めることができるという効能があるサプリを服用することです。

いろいろな睡眠に役立つサプリが出ていますが、海外で特に人気を集めているのが「Wake Up On Time」というサプリ。文字通り「時間通りに起きる」というこのサプリは“夜寝る前に2錠摂取”するだけでOK。疲労回復や精神安定に役立つ成分がしっかり処方されていて、翌朝にはエネルギーに満ちあふれてスッキリ気持ちよく目覚めることができると話題になっています。

快適な朝を迎えるためには快適な睡眠が不可欠。忙しい毎日ではありますが、ぜひ皆さんも“就寝1時間前の過ごし方”を見直してみてはいかがでしょうか。