1. トップ
  2. ネイル
  3. イットネイリストになろう▷ネイリスト検定以外に役立つ資格とは

イットネイリストになろう▷ネイリスト検定以外に役立つ資格とは

  • 2016.6.14
  • 15327 views

民間の資格であるネイリスト検定というものがあります。ほとんどのネイリストさんはこの資格にパスしていますが、そのほかにもネイリストとしてレベルアップするための資格を取ることで、周りと差がつく“イットネイリスト”になりましょう。レベルアップするためのネイリスト検定以外の資格を調査します。

ネイリストさんのための「ネイルサロン衛生管理士」の資格

【イットネイル】ネイリストとしてのレベルアップを考えた時に欲しい資格の1つに「ネイルサロン衛生管理士」という資格制度があります。ネイルの普及とともにネイルサロンでのトラブルが増えたため、ネイルサロンの現場で正しい知識や衛生管理をしていくために設けられた資格制度です。サロン従事者への啓発活動を通じ、国民の健康を守る安全・安心なサービスの普及と、公衆衛生の向上に資することを目的としており、ネイルサロンの衛生管理に関する知識を習得した方に付与されます。資格は、JNA(日本ネイリスト協会)が実施する講習会を受講して、筆記テストに合格した方が取得できます。この資格があることで、ネイルサロンの衛生管理が行き届くような実践がなされているということになりますので、お客さまからの信用度もアップしますよね。

ネイリストさんのための「色彩検定」の資格

ワンランクアップのネイリストさんを目指すなら、デザインのセンスの良さを伸ばすのも重要です。そのためにはセンスを磨くことはもちろんですが、色の組み合わせなどの色彩センスの良さを磨くのも必要です。「色彩検定」はその色彩感覚を、感性だけでなく、色に関する知識や技能を理論的に学ぶことにより、高めることが可能です。色の知識が深まることでネイルデザインへの可能性も広がることや、お客様に対してのアドバイスのレベルも上がること間違いなしでしょう。

ネイリストさんのための「ハンドセラピスト」の資格

ネイリストはお客様のネイルを綺麗にすることはもちろんですが、手を通して、同時に癒しを与えられる素敵なお仕事です。ネイルケアやデザインにプラスしたハンドマッサージの行程は多くのお客様に喜ばれるでしょう。そんなハンドマッサージも、知識を深めたり、技術を向上させたりすることで、より信頼されるネイリストさんにレベルアップできるはずです。「ハンドセラピスト」の資格はそんなプラスαの技術を提供するためにオススメの資格です。

レベルアップしたネイリストさんになって、さらに素敵なお仕事ができることとなるでしょう。

Itnail編集部