1. トップ
  2. レシピ
  3. カロリー控えめ! 水切りヨーグルトで爽やか夏レシピ。(Mayumi Nakamura)

カロリー控えめ! 水切りヨーグルトで爽やか夏レシピ。(Mayumi Nakamura)

  • 2016.6.11
  • 462 views

ちなみに写真は「明治ブルガリアヨーグルト」1パック分です。

【さらに写真を見る】カロリー控えめ! 水切りヨーグルトで爽やか夏レシピ。(Mayumi Nakamura)

ヨーグルトをザルにあけ、冷蔵庫で寝かせること8時間。まるでチーズのような味わいに生まれ変わる「水切りヨーグルト」をご存知ですか?

冷蔵庫で8時間寝かせるだけで。

私がこの「水切りヨーグルト」に出会ったのは一昨年のクリスマスのこと。大好きな料理研究家の柳瀬久美子さんのご自宅でのお食事会で出会って、感動したのを今でも覚えています。まるでチーズのような濃厚な味わいと、それでいてさっぱり爽やかな口当たり。夏にぴったりな水切りヨーグルト、そろそろ季節かな?と思い、ご紹介します。

用意するのはヨーグルト1パック。キッチンペーパーを敷いたザル(下には水切り用のボウルをセット)にヨーグルトをあけ、一晩冷蔵庫へ。およそ8時間もすると、ヨーグルトからすっかり水が抜け、まるでチーズのような濃厚なテクスチュアに変身!

(次ページからはこの水切りヨーグルトを使ったおすすめレシピを紹介します)

薬味とオリーブオイルで。

さて、まずはそのまま食べる水切りヨーグルトサラダから。オリーブオイルをたっぷりかけて、薬味やスパイスを一緒に。私は柳瀬先生の家でごちそうになったように(写真はそのときの写真です!)、レッドオニオンや大葉と一緒に……が定番の食べ方。意外とごま塩とかごま油とかも合いそうな気も。まるでクリームチーズのような味わいなのでワインにとっても合うんです。もちろんバゲットに塗ったり、トマトと一緒にカプレーゼにするのもおすすめ。バジルとの相性も最高です!

爽やか風味の、夏グラタン!

実は熱しても美味しい水切りヨーグルト。私が最近ハマっているのは、ホワイトソースの代わりに水切りヨーグルトを使う、さっぱりすっきり、爽やかな「夏グラタン」です。

作り方は簡単。ナスと鶏もも肉を軽くフライパンで炒め、トマトとミートソースと一緒に器にイン。そこに水切りヨーグルトととろけるチーズをのせます。で、もう一回ナス・鶏もも・トマト・ミートソースをのせて、さらに水切りヨーグルトととろけるチーズをオン。これで、200℃のオーブンで15分で完成!

冬のグラタンとは全く違う、軽やかな美味しさがおすすめ!

栄養たっぷりのホエーも活用。

ちなみに、ヨーグルトから出た水分「ホエー」は、栄養たっぷり。高蛋白・低脂肪で栄養価が高いので、このままスムージーに入れたりするのがおすすめだそう。おすすめは、ホエーと牛乳を1:2で割って、はちみつを入れた簡単ヨーグルトドリンク。あと、先日煮込みハンバーグのソースに入れてみたら、お肉がものすごくやわらかく、ふわふわになりました。これはかなり相性が良いと見た!

ちなみに皆はこのホエーをどうしてるんだろう?と思いインターネットで検索すると、達人は「米(2合)に対してホエー(200cc)と水を入れて炊く」「コットンに浸してパックして、10~15分後ぬるま湯で洗い流す」などさまざまな活用をしている様子。次はこのホエーを使ったレシピをさらに開発したいと思います。

参照元:VOGUE JAPAN