1. トップ
  2. 恋愛
  3. 思い切って笑えない!大人になってから歯列矯正をするメリットとは?

思い切って笑えない!大人になってから歯列矯正をするメリットとは?

  • 2016.6.8
  • 6578 views

歯並びが悪いと、どんな影響があるの?

歯並びが悪い=見た目だけの問題ではありません。
歯が整列していないことで、さまざまな障害がでてくる可能性もあるのです。たとえば、歯と歯の間に通常よりも隙間ができてしまっている場合、毎日歯磨きをしていても、食べるたびに汚れが詰まり、虫歯や歯周病の原因になります。

また「受け口」の場合、サ行やタ行が発音しにくい「発音障害」などもでてきて、場合によっては日常生活に影響を及ぼすことも…。日本語を話すうえでは、どうにかうまくやっていけても、英語を喋るとなると、なかなかキレイな発音ができず苦戦するようです。

もちろん、歯並びが悪ければ、真正面からみたときの印象も大きく変わってきてしまいます。子どもの頃はなかなか勇気がもてなくても、大人になった今ならチャレンジできるかも!?

矯正を受けるメリット「コンプレックスを解消できる」

大人になるまで、おそらく歯並びが悪いのが原因でつらい時期もあったでしょう。たとえば、中学生や高校生の一番多感な時期に、異性から歯並びについて指摘されて、乙女心に傷がついたり、歯のことが気がかりで、なかなか思いきり笑えなかったり…。

でも、時間とお金をかけて歯列矯正をしていけば、今までずっと向き合ってきたコンプレックスも解消されるかもしれません!みんなで写真を撮影するとなっても、歯を気にせずに思い切り笑えるのは、とても幸せですよね。

矯正を受けるメリット「治療のプランを立てやすい」

子どもの頃に歯列矯正をすると、大人以上に大変な部分がでてきます。

大人であれば顔面の成長もある程度ストップしている状態。でも、子どもは矯正をしている間にも顔の成長が進んでいきます。つまり矯正をしたことで他の部分に影響がでないよう細心の注意を払わなければならず、治療するペースも比較的、遅くなってしまうのです。

大人になれば、そういった配慮もそこまで心配する必要がなくなるため、治療の計画も立てやすく、働いている女性でもチャレンジできやすいのはメリットといえるでしょう。

いかがでしたか?

大人になってから歯列矯正をするには、もちろんデメリットもあります。
子どもの頃よりも歯が移動する速さが遅いため、器具を装着してもすぐに外せるとは限りません。また仕事で外部の人と接触する場合は、器具をつけない矯正方法を検討する必要もあります。

コンプレックスを解消したいなら、まずは信頼できるドクターをみつけ、歯の悩みを打ち明けてみましょう!きっと一歩踏み出せば、いつかは思いっきり歯をみせて笑えるようになりますよ。