1. トップ
  2. グルメ
  3. 表参道の特等席。日常の喧噪を忘れるウォーターテラスで満喫する至福のひととき

表参道の特等席。日常の喧噪を忘れるウォーターテラスで満喫する至福のひととき

  • 2016.6.2
  • 2150 views

忙しい毎日。一瞬でも日常を忘れて、ゴージャスな空間で至福の時間を過ごしたくなるもの。そんな想いを叶える特等席が東京・表参道にあります。

そこが表参道駅から渋谷へ向かう青山通り沿い、dysonや紀ノ国屋インターナショナルが入っているAoビルの5Fに位置する「TWO ROOMS グリル|バー」という名のグリルレストラン&バー。

サンフランシスコを拠点とする“エイト(8)”がデザインを手がけた店内は、ダイニングエリアとバーラウンジの2つの空間がブリッジとウォーターテラスで結ばれたつくりで、一歩足を踏み入れると何とも言えない開放感と温もりを味わうことができます。

【都心を一望できるウォーターテラスは、まさに“天空の城”といった雰囲気。日常の喧噪を一瞬にして忘れさせてくれる】

|ダイニングエリア

上質なウッドとレザーが基調のダイニングエリアは黒御影石の美しいカウンター席が印象的なオープンキッチ ンを備えたゴージャスな空間。

好みの前菜と主菜を組み合わせてオーダーできる平日ランチ&休日ブランチ、そしてディナーはアラカルトはもちろんコース料理と数々の洗練されたメニューが提供されていますが、こちらに訪れたらぜひ味わいたい人気の看板メニューが「TEPPAN GRILLED SANRIKU SCALLOPS BACON DUST∙AVOCADO|三陸産 ホタテの鉄板焼き ベーコンダスト アヴォガド」。

【TEPPAN GRILLED SANRIKU SCALLOPS BACON DUST∙AVOCADO|三陸産 ホタテの鉄板焼き ベーコンダスト アヴォガド ¥2300(税込)】 ※ディナー時のアラカルトの価格(ランチセットの前菜としても提供)

細かく表面をさいの目切りにして鉄板で香ばしく焼き上げたホタテは外はクリスピーで香ばしく中はしっとりジューシー。アヴォカドクリームとベーコンをパウダー状にしたベーコンダストを纏わせて一緒にいただけば、口の中いっぱいに至福の味が広がります。

|バーラウンジ

そしてダイニングルームからブリッジを渡ると、高い天井高が醸し出す開放感と重厚感のあるバーラウンジが広がります。

こちらではフレッシュフルーツを使ったオリジナルカクテルをはじめ、世界各地から厳選 された約1,800 本のワインなどを心ゆくまで楽しめます。

【女性からの人気不動のカクテルが、季節のフレッシュフルーツを用いたマティーニセレクション。一度その味を知ると虜になる美味しさ♪ 写真は「Peach & Passion Martini(Zubrówka, Peach Liqueur, Fresh Passionfruits)|ピーチ&パッションマティーニ」 ¥1,700(税込)】

|初夏だからこその“特等席”で過ごす贅沢時間

シェフのマシュー・クラブ氏によれば「これからの季節はテラス席でのランチやディナーも最高ですね」とのこと。

【ランチやディナーとともに東京のスカイラインも満喫したい】

【ディレクターのエドワード・バフォ氏、マシュー・クラブ氏、ネイスン・スミス氏。ハイアットをはじめ世界の一流ホテルやレストランで長年積んだ経験を活かし、洗練されたサービスと上質なホスピタリティを提供している】

デートや接待といった特別なシーンはもちろん、東京の喧騒を眼下に眺めながらの束の間のリフレッシュにもピッタリなので、ぜひみなさんも足を運んでみてください。

TWO ROOMS グリル|バー

所在地:東京都港区北青山3-11-7 AOビル5F

営業時間 :<レストラン>11時30分~14時30分、18時~L.O.22時(日曜~L.O.21時) <ラウンジ・バー>11時30分~26時(日曜~22時)

予約・問:03-3498-0002 http://www.tworooms.jp/