1. トップ
  2. ファッション
  3. 耳元で個性を主張する、最旬イヤージュエリー。

耳元で個性を主張する、最旬イヤージュエリー。

  • 2016.4.29
  • 868 views

ピアス¥11,880

【さらに写真を見る】耳元で個性を主張する、最旬イヤージュエリー。

爽やかな初夏の気分も感じられる今、デコルテを見せるスタイルに着替えたら、その着こなしに個性をプラスしてくれるイヤージュエリーをチェック。繊細に揺れるロングフリンジや、カラフルなモチーフ、新しい着け方が楽しめるイヤーカフなど、スタイリングを新鮮にアップデートしてくれる、存在感たっぷりなデザインをピックアップ!

【BY MARLY MORETTI】石のパワーを秘めたボヘミアンなデザイン

NYを拠点に、天然石の魅力を活かしたジュエリーをメインに手掛けるバイ マレリー モレッティ。モザイクのように石を散りばめた表情豊かなパーツに、長さの異なるフリンジを組み合わせたロングピアスは、今季トレンドの大人のボヘミアンスタイルにぴったり。体の動きに合わせて繊細に煌めくフリンジは、フェイスラインに華やかさと旬なニュアンスを添えてくれる。問い合わせ先/ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館 03-3479-8176

http://www.united-arrows.jp

【LARA BOHINC】女性らしさとモダニティが共存するロングピアス

スロベニア生まれの女性デザイナーが手掛ける、ロンドン発のジュエリーブランド、ララ・ボヒンク。過去にランバンやグッチなど、ラグジュアリーブランドとコラボした経験も持つ実力派デザイナーがデザインするのは、コンテンポラリーでありながらも時代を超えたエレガンスを表現するジュエリー。チェーンを通して着用するアメリカンタイプのピアスは、中央のゴールドメタルに半円の淡水パールをセットし、ハーフムーンとフルムーンを表現したもの。着けるときにあえて左右でチェーンの長さのバランスを変えることで、個性的な雰囲気を演出。問い合わせ先/アッシュペー フランス 03-5778-2022

http://www.hpfmall.com/

【DANNIJO】ドレスアップ気分を盛り上げるカラフルビジュー

ダニエラとジョディの姉妹が手掛ける、NY発のジュエリーブランド、ダンニージョは、ビジューやストーンを用い、ハンドメイドで仕上げたカラフル&ハッピーなジュエリーで大人気。中でも注目は、一つ着けるだけでスタイリングが華やかになるビッグサイズのビジューピアス。ブルーやグリーンなど、透明感のあるクールカラーのピアスは、Tシャツやデニムのカジュアルスタイルから、リゾートでのドレスアップシーンまで、さまざまなスタイリングで大活躍しそう。問い合わせ先/エストネーション 03-5159-7870

https://www.estnation.co.jp/

【PETIT ROBE NOIRE】耳元にエッジを効かせるイヤークリップ

阿部好世が手掛けるプティローブノアーは、大胆さとさりげなさなど、両極の要素をミックスしつつ、装いの楽しさを表現するジュエリーブランド。繊細なガラスのレーンがエレガントに揺れる片耳タイプのイヤークリップは、耳の上側で留めるユニークなデザイン。色は華やかなゴールドと、シックな雰囲気のシルバーの2種類が揃う。着けるだけで横顔に華やかな存在感を添えてくれるコスチュームジュエリーは、スタイリングにパンチを効かせたいときにぜひ。問い合わせ先/プティローブノアー 03-6662-5436

http://www.petiterobenoire.com/

【ERIN CONSIDINE】洗練とハンドメイドの温もりが交差するフープピアス

ブルックリン発のエリン コンシダインは、ほぼ全ての工程をデザイナー自身がハンドメイドで手掛けるジュエリーブランド。草木染めアーティストとしても活躍する彼女がデザインするジュエリーは、シンプルでありながらも、ひとつひとつ表情が異なるのが魅力的だ。繊細かつエッジの効いたメタルパーツのフープピアスは、着けると耳元に独特のニュアンスを添えてくれる。問い合わせ先/ギャルリー・ヴィ 丸の内店 03-5224-8677

http://www.galerievie.jp/

【LOREN STEWART】モードに着けられるデイリーピアス

NY出身で、現在LA在住のデザイナー、レイチェル・ローレンが手掛けるジュエリーブランド、ローレン スチュワート。ダブルアローをモチーフにした14Kイエローゴールドの片耳ピアスは、シャープな中にもほのかにハンドクラフトの温もりを感じさせるデザインが魅力。華奢でありながらもエッジの効いたそのルックスは、モードに着けられるデイリーピアスを探している方にお薦め。問い合わせ先/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007

http://www.barneys.co.jp/

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む