1. トップ
  2. 恋愛
  3. オアシズ大久保さん&壇蜜さんが答える『恋愛お悩み相談』~結婚への焦りや彼氏がいない?

オアシズ大久保さん&壇蜜さんが答える『恋愛お悩み相談』~結婚への焦りや彼氏がいない?

  • 2016.4.27
  • 3132 views

さあ、30代。どうする?

アラサーになれば、恋愛についてのお悩みを一つは抱えているもの。周りから結婚を急かされるけど、彼氏すらいない状況だったり、先の見えないお付き合いをだらだら続けていたり…。

一体いつになったら私は結婚できるの?”と、不安を感じていても、実際には真剣に相談できる相手は、なかなかいないものですよね。

そんなアラサー女子が抱えがちな切実な人生相談に、オアシズの大久保佳代子さんやタレントの壇蜜さんなどが答えてくれる特集が、女性向け美容専門誌美的6月号(4月23日)に掲載されていました。特集の一部からご紹介します。

1.出会いがない!婚活サイトでも進展がなくて…。

アラサーになると、「結婚」という文字がなんだかとても重く感じるもの。

でも、オアシズの大久保さんによるとアラサー世代はまだ「可能性が無限に広がっている年齢」なのだとか。そのため、「35歳までは、せっぱつまった状態だと自覚してガンガン動くべき!」なのだそう。というのも、大久保さんの経験によると35歳まではモテる、のだといいます。確かに、最近では30代だけでなく40代になっても、若々しく生き生きと過ごしている女性がとても多くなってきていますね。現在44歳でもモテている大久保さんですが、35歳まではモテ期 と考えて積極的に動くのがいいようです。また、「婚活サイトは自分でいつでも退会できる」ため、結婚に向けて自分を追い込むことがあまりできないのだそう。そのため、人に会う機会を自分から積極的に作るのがおすすめだといいます。飲み会や合コン、イベントなど、つい面倒で断っているのなら、35歳までは!と、決めて積極的に出席するようにしましょう。新しい出会いが待っているかもしれませんよ。

2. そもそも人を好きになれない!どうすればいいの?

男性と出かける機会があっても、楽しめなくてお付き合いが続かない、一人でいるほうが気楽で楽しい、という人は最近とても増えてきているようです。

そんな人に、タレントの壇蜜さんは「他人に合わせるためのトレーニングが必要」だとアドバイスしています。そのためには、「自分の手に負えないような生き物を育てる」のがおすすめなのだとか。

実際に壇蜜さんは熱帯魚をたくさん飼っているそうですが、「突然死んでしまったり、魚同士でケンカなど」手にかかることが多いのだそう。でも、そのような忍耐が必要なシーンを何度も乗り越えることで、人に対しての気持ちの余裕も生まれるようになるといいます。実際に人間関係において、自分のペースで何もかもすすめていくことは難しいため、一人でいるほうが楽と感じることも多いですね。人の気持ちやペースに合わせる練習として、手に負えない生き物を飼う、というのは、ちょっと目からウロコな方法ですが、確かに効果がありそうです。

ただし、注意したいのは飼うのは「手に負えない生き物」であること。

ウサギや猫など、比較的手のかからない生き物の場合は、その存在に心が満たされてしまって、結婚が遠のくとも言われているので、注意しておきましょう。

3.8年以上付き合っている彼と、このまま結婚できるの?

一方、お付き合いしている人はいるのに、「結婚」という未来が見えてこないということもありますよね。

8年も付き合っている彼に「結婚」というキーワードを出すと、決まって黙り込んでしまうというお悩みでは、銀座の高級クラブ勤務の女装家ダイアナ・エクストラバガンザさんは、「別に子供がほしくないなら、このままでもいいけど、ほしいなら次に行ってもいい」とアドバイしています。女性には、出産リミットがあるため、結婚に対してもシビアに考えないと、子供を持つ結婚をしたい、という希望をかなえられなくなることも。8年付き合ってしまうと情も湧いてしまい、ダラダラとお付き合いを続けてしまいがちですが、本当に自分にとって結婚する上で何を優先したいのか、一度整理してみるといいかもしれません。また、ダイアナさんは30歳を超えたら「今が分岐点。そろそろひとりで生きていくことも考えるべき年齢」だとも言っています。ダイアナさんによると「今は独身女性に優しい時代」になってきているのだそう。自分にとって、結婚・仕事・出産…など、どれが一番重要なのかを今一度じっくりと考えてみましょう。

いかがでしたでしょうか。このほかにも、美的本誌には坊主バーで人生相談に載っている真宗大谷派僧侶 田口弘願さんや、メンタルトレーナー米田 功さんなど のが、恋愛だけでなく仕事・人間関係などのお悩み解決法など、いつもとは違う視点からのアドバイスがたくさん掲載されています。ぜひ本誌で確認してみては。

出典:「人生の賢者たちが一刀両断!みんなのお悩み相談室」

美的 6月号 P.263 ~272

(知花きのこ/恋愛ユニバーシティ)

◇プロフィール

知花きのこ / 恋愛ユニバーシティ

恋愛ユニバーシティ公認ライター

恋愛ユニバーシティ公認ライター。

元記事を読む