1. トップ
  2. レシピ
  3. 今しか見られない!春を告げる“富山湾のサファイア”。ホタルイカ海上観光を体験しよう

今しか見られない!春を告げる“富山湾のサファイア”。ホタルイカ海上観光を体験しよう

  • 2016.4.24
  • 1323 views

“富山湾のサファイア”とも呼ばれる春の味覚「ホタルイカ」。夜明け前の富山湾で、今の時期しか出会えない光景があります。世界的にも珍しいホタルイカ漁を、海上観光船に乗って見学してみませんか?

春の海にキラキラとゆらめく青い光

ホタルイカは春に産まれ翌年の春に産卵し、1年でその一生を終える生物です。

富山湾の水深200mから400mに生息し、夜になるとえさを追って海面近くに浮上してきます。滑川沖合約1200mの海面は、ホタルイカが群遊することで世界的にも有名なんですよ。

3月末から5月上旬は産卵のためにホタルイカの大群が湾岸近くまで押し寄せ、漁の最盛期となります。そのため夜の海に青白い光がきらきらと揺れ動く、幻想的な光景を見ることができるのです。

ホタルイカ観光船に乗り込み、実際の漁を見学しましょう

ホタルイカ海上観光は、網のなかで青白く光る大量のホタルイカと漁の様子を目の前で見学できるとあって、毎年予約がなかなかとれないほどの人気っぷり。見学には事前の予約が必要ですが今年も早々に予約でいっぱいになり、今はキャンセル待ちの状態のようです。

早朝に観光船に乗り込み、漁船の後について行きます。網が引っ張られるたびに、跳ねて青白い光を放つホタルイカが織りなす光景に、思わず歓声が。

天候の良い日は、立山連峰にのぼる朝日を拝むこともでき、富山の大自然の恵みを満喫できます。

水揚げされたホタルイカは、地元の割烹やスーパーへも出荷されます。

お刺身や酢みそ和え、最近ではアヒージョなど料理のバリエーションも豊富なホタルイカ。獲れたてのホタルイカは、近くの民宿で振る舞われることも。春の富山でぜひ堪能していってくださいね。

元記事を読む