1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパで体験する、タイの極上ステイ。

アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパで体験する、タイの極上ステイ。

  • 2016.4.20
  • 1715 views

4/20発売の「台湾、タイ、韓国へ、器探しの旅」の特集を担当させて頂きました編集Tです。各国の豊かな食文化と器を取材させて頂き、新しいアジアの楽しみ方を発見した、そんな旅になりました。

さてさて、今回バンコクで滞在させていただいたのが「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパ」というホテルだったのですが、ここがとにかく素晴らしかったので、ちょっとレポートさせて下さい。

アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパは、雄大なチャオプラヤー川の畔に位置するホテル。11エーカーの庭園を持つ広大な敷地に囲まれており、大都会バンコクにいるということを思わず忘れてしまうくらいに静か。埠頭の端で雄大なチャオプラヤー川に沈みゆく夕日を眺めていると、まるでどこかのリゾート地に来たかのよう......。喧騒に包まれたバンコクの街はもちろん大好きですが、落ち着いたホテルでゆっくりと取材疲れを取りたい......、とひそかに願っていた私にぴったりのお宿でした。

吹き抜けを囲むように配置された客室は、明るく開放的な雰囲気。

広々として清潔な室内。シャワースペースがバスタブと別にあるのも、私たち日本人には使いやすくて嬉しい。

とにかく緑や花が多いので、ホテルの敷地内の庭園を散歩するだけでも楽しい。

リゾート気分満載のプール。張り切って水着を持って行きましたが、結局、一度もプールに入る時間は無かったのです。とほほ。

このホテル、何が素晴らしかったかというと、朝食のビュッフェがとにかくすごいのです!バンコクに住んでいる現地のコーディネーターさん曰く、「このホテルは朝食が美味しいので有名なんですよ~。私も特別な日には家族で泊りに来たり、ちょっと贅沢したい時には夫に内緒でスパだけ利用しに来たりします」とのこと。世界中からお客さんが来るので、中東、中国、インド、ヨーロッパ、そしてタイなど、色々な国の料理が楽しめます。とにかく種類が多いので、1度ですべての料理を制覇するのは不可能。色々と目移りしながらも、毎朝ちょっとずつ色々な料理を開拓しました。朝が苦手な私でも、毎朝起きるのが楽しみになるような、そんな素敵な朝食でした。

目の前で調理してくれる温かい料理も種類が豊富。

台湾の屋台で食べた麺も!こんなに本格的なものがバンコクのホテルで食べれるとは......。

パンやスコーン、プレッツェルだけでも、常時30種類以上。パン好きにはたまりません。天国です。

新鮮なフルーツを絞って作られたジュースやスムージーも、毎日種類が異なります。

今回は仕事での滞在だったので、ホテルをゆっくり堪能できなかったのが心残り......。
次回はプライベートできちんとお洒落をして訪れて、スパやプールを満喫しようと堅く心に誓うのでした。

アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパ
257/1-3 Charoennakorn Road,
Thonburi, Bangkok 10600, Thailand
Tel. +66 2 476 0022
Fax. +66 2 476 1120
Email. bangkokriverside@anantara.com

http://bangkok-riverside.anantara.jp

取材協力: タイ国政府観光庁

最新号はこちら!
http://madamefigaro.jp/magazine/figaro/201606.html

元記事を読む