1. トップ
  2. メイク
  3. 地味顔卒業!横顔を美しく盛る3つの隠しハイライトスポット

地味顔卒業!横顔を美しく盛る3つの隠しハイライトスポット

  • 2016.4.20
  • 10385 views

横顔美人はやっている!3つのハイライト

【1】目元のハートライン

ノーズシャドウはきちんと入れても、案外忘れがちなのが目尻のハイライト。何ものせないと、「ただ鼻筋に影ができた平坦顔」のまま。これでは「ノーズシャドウ入れてますっ!」と言わんばかりの横顔になってしまうので、バランスを取るためにも目尻のハイライトはお忘れなく。

画像のように、ハイライトをハート部分に入れることで、キュッと上がった目元に仕上がります。目尻に高さを演出すれば、ホリの深い横顔美人になるのです。ツヤ感がプラスされるハイライトパウダーを使うと、さらに効果はUP! ノーズシャドウを入れるのなら、目元のハートラインはマストです。

【2】口元のハートライン

口角が下がっていると、横顔美人度は半減。(いや、0かも!?)口角をキュッと上げておく癖をつけつつ、メイクによって横顔が際立つ口元を演出しちゃいましょう!

ここでも役立つのがハートライン。肌トーンよりも明るめのパウダーや、キラキラ感がなく肌なじみの良いハイライトを口角周りのハート部分にON。ハイライト効果で口角の位置が高く見えて、横顔を盛ることができます。

【3】鼻筋横のVライン

鼻筋にハイライトを入れるのは、もはや当たり前ですが…横から見た時のために、鼻筋横ラインのメイクが大切! 横顔は鼻の高さで、美人度が決まると言っても過言ではありません。とは言え、鼻の高さはメイクでは変えられないので、スッキリノーズに見せて、高さを演出しましょう。

鼻筋横のVラインに、ハイライトをON。小鼻の高さも利用することで、ホリ深フェイスに近づくことができます。正面の鏡を見ながらメイクすると位置がズレやすいので、三面鏡を使って鼻が高見えする場所を確認しながらハイライトをのせていきましょう。

メイクをしている時、正面の顔しか見ない人がいますが、他人に見られているのは横顔が圧倒的に多いもの。地味顔から抜け出せないのなら、横顔にも力を入れて美人度UPを狙ってみて!

元記事を読む