1. トップ
  2. グルメ
  3. サクサク食感がクセになる♪ 新感覚のスイーツ“トフィー”とは?

サクサク食感がクセになる♪ 新感覚のスイーツ“トフィー”とは?

  • 2016.4.19
  • 10567 views

大阪・天王寺駅にオープンした「BALYET(バルイェット)」は、サクサクのキャラメルにチョコレートを重ね、ナッツやドライフルーツなどのトッピングをのせたお菓子“トフィー”の専門店。チョコレートやナッツ、ドライフルーツを組み合わせ、楽しい食感とフレーバーに仕上げています。 とろけるような甘さがクセになる、ここでしか食べられないスイーツを体験してみませんか?

食感も味も新しいスイーツ“トフィー”のお店

JR天王寺駅からすぐという便利なロケーションにあるショッピングスポット「天王寺MIO」。その本館1階にオープンした「バルイェット」は、“トフィー”とコーヒーのお店です。

店内はグレーとホワイトで統一されたシンプルなインテリアで、まるでラボラトリーのよう。

“トフィー”やコーヒーのほかナッツスムージーなども販売し、イートインカウンターで気軽に楽しむこともできます。

今までにない、サクサク食感のキャラメル

“トフィー”とはアメリカやイギリスではお馴染みの、キャラメルのお菓子。それをおしゃれなお菓子にアレンジしたのが、「バルイェット」の“トフィー”です。

一番の特徴はその食感。キャラメルはやわらかい食感のイメージがあると思いますが、こちらの“トフィー”は噛むとサクッとしています。キャラメルの上にはチョコレートやナッツ、ドライフルーツ、キャンディーなどがトッピングされていて、楽しい食感が口の中に広がります。

ベリーやキャンディー、カカオなどフレーバーもいろいろ

ナッツやドライフルーツなど様々なトッピングを組み合わせた“トフィー”は全7種類。

人気はピスタチオやビターなチョコレートを組み合わせた「ピスタチオN°6」や「ストラスゴー」。ほかにもキャンディーとホワイトチョコでキュートな味と見た目に仕上げた「オーサカストラット」など、個性豊かなフレーバーがラインナップしています。

それぞれ1ピースから購入できますが、全種類が入ったセットがおすすめですよ。

“トフィー”とコーヒーはベストマッチな組み合わせ

“トフィー”と一緒に楽しんで欲しいと「バルイェット」が提案しているのが、オリジナルのブレンドコーヒー。淹れ立てのコーヒーの豊かな香りと、フルーツやナッツの香りや味が加わった甘い“トフィー”は相性抜群です。店頭では、大阪、神戸、京都の人気ロースターにオーダーし、「バルイェット」の“トフィー”のために焙煎した3種類のブレンドコーヒーも販売しています。

“トフィー”から生まれた、オリジナルドリンクも

お店にはイートインスタンドがあり、ブレンドコーヒーのほか、オリジナルドリンクも楽しめます。

トフィーに使われているナッツやドライフルーツを使った「ナッツスムージー」は、アボカドや小松菜などグリーンの野菜を入れた、ビタミンたっぷりのヘルシーなドリンク。

自家製のレモンシロップと天然サイダーの「レモンスカッシュ」は、大阪の喫茶店の定番メニューからインスピレーションを受けて作ったものです。

美肌や健康を意識する女性にぴったりな、食材を追求したオリジナルのドリンクを販売しています。 「バルイェット」が創作した、味と食感の組み合わせを追求した“トフィー”は、まさに「大人のおやつ」。

“トフィー”は冷蔵庫に入れ冷やしてから食べるとよりサクサクとした食感を楽しめるそうです。ぜひおうちで試してみてくださいね。

元記事を読む