1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. UVライトで皮膚がんになるってウソ?ホント?ジェルネイルのリスク

UVライトで皮膚がんになるってウソ?ホント?ジェルネイルのリスク

  • 2016.4.19
  • 2583 views

ジェルネイルの愛好家なら、ジェルを硬化する時のUVライトが肌に悪影響があるって聞いたことがあるのでは?UVライトの紫外線が皮膚がんのリスクを高める。手指の肌の老化を早める。こんな怖い話って本当なんでしょうか?ジェルネイルが好きで続けたいけど、何か対策はないの?そんな疑問を解消するためにUVライトのリスクと対策を調べました。

皮膚がん、肌の老化…。UVライトに潜むリスク

【イットネイル】ジェルを硬化させるために照射するUVライトには紫外線が含まれているため、肌への悪影響が懸念されてきました。

アメリカのジョージア・リージェンツ大学の調査では、平均12回の施術でDNAに損傷を与える程度の量の紫外線が確認されたそうです。ただ機種の違いによって紫外線量に大きな差があって、ジェルネイルの施術によって皮膚がんになるリスクはない訳ではないが、可能性は低いという結論なんだとか。

アメリカのネイルケア用品の会社であるネイル・クリエイティブ・コモンズのディレクターは「ジェルネイルで浴びる紫外線量は、だいたい室内で人が蛍光灯から1日に浴びる量と同じだ」とも話しているそうです。

一度だけのジェルネイルの施術で皮膚がんになることはまずないと考えてよさそうですね。

ジェルネイル愛好家は注意が必要?

ジェルネイルで使うUVライトは日焼けマシーンや医療器具よりも低電圧なので、すぐに影響が出るものではありませんが、繰り返し照射することで皮膚がんだけでなく、日焼けやシミ、シワ、肌の老化といった皮膚への影響が出る可能性はゼロではありません。

常にジェルネイルをつけている人は、その頻度や回数を見直してみてもいいかもしれません。

UVライトが不安な人は紫外線対策を!

すぐに影響は出ないと言われても紫外線は紫外線ですから、やっぱり気になる!という人もいますよね。では、UVライトの紫外線対策はどんなことをしたらいいのでしょう。

・日焼け止めを使う

ジェルネイルをつける際に日焼け止めを使うことで紫外線の影響を防げます。施術中に日焼け止めが落ちてしまうことがありますから、日焼け止めを持参してUVライトの照射前にネイリストさんに塗ってもらうのが一番確実です。

・ジェルネイルのお休み期間を作る

マニキュアなどに切り替えてジェルネイルをお休みする期間を作り、UVライトの紫外線を浴びる頻度を減らしましょう。

・LEDライトで硬化するタイプのジェルを選ぶ

でもやっぱりジェルネイルをつけていたい!という人は、最近増えているLEDライトで硬化するジェルがおすすめです。LEDライトのほうがUVライトより人体に与える影響が少ないと言われ、サロンでも切り替えているところもあります。

Itnail編集部

元記事を読む