1. トップ
  2. ファッション
  3. “サテンのリボン”のような新作ウォッチ、ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ。

“サテンのリボン”のような新作ウォッチ、ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ。

  • 2016.4.18
  • 2464 views

先日のバーゼルワールド2016にて発表された、ディオールの新作タイムピーシズ。 ディオールのウォッチメキングの最高峰ともいえる「ディオール ユィット グランバル オンディーヌ」や「ディオール グラン ソワール カレイディオールスコープ」、新たに3ラインが仲間入りした定番「ディオール ユィット」など、今年も話題性に溢れるディオールの時計のなかでもひときわ注目を集めたのが、「ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ」だ。

「ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ」(SS×ダイヤモンド×ホワイト・マザー・オブ・パール)¥887,760

「ラ デ ドゥ ディオール」は2003年の初登場以来、一貫してシンプルさを追求する姿勢により、象徴的なタイムピースコレクションとして定着している。ディオール ファイン ジュエリーのクリエイター、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌは今回、「腕に巻かれたメタルリボン」をイメージして「ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ」をデザインした。イタリアルネサンスから伝わるメタルワークのテクニック、ミラネーゼメッシュのブレスレットは、テキスタイルに近い柔軟性が魅力。まさにサテンのリボンをまとっているかのごとく、腕に寄り添うようにエレガントになじむ。
ミニサイズの19mmケースの「ラ ミニ デ ドゥ ディオール サティーヌ」は、スチールのベースに、ピンクとグレーのマザー・オブ・パールのダイヤルを合わせたデザイン。また、オールピンクゴールドのケースに、トーン・オン・トーンのサンブラッシュダイヤルが映えるプレシャスマテリアルモデルも登場。クラウンは引き続き、ブリリアントカットのダイヤモンドを散りばめたデザインだ。

シンプルでありながらこの上ない優美さを備えた、「ラ デ ドゥ ディオール サティーヌ」に注目したい。

「ラ ミニ デ ドゥ ディオール サティーヌ」左から:
(SS×ダイヤモンド×グレー・マザー・オブ・パール)¥672,840、
(SS×ダイヤモンド×ホワイト・マザー・オブ・パール)¥672,840、
(SS×ダイヤモンド×ピンク・マザー・オブ・パール)¥672,840、
(PG×ダイヤモンド)¥3,816,720

●問い合わせ先:

クリスチャン ディオール 0120-02-1947(フリーダイヤル)

元記事を読む