1. トップ
  2. ファッション
  3. セレブに学ぶ、最旬シャツ&ブラウススタイル攻略法。

セレブに学ぶ、最旬シャツ&ブラウススタイル攻略法。

  • 2016.4.13
  • 3427 views

【さらに写真を見る】セレブに学ぶ、最旬シャツ&ブラウススタイル攻略法。

誰もがクローゼットに一着は持っているシャツやブラウスは、合わせるアイテムによってクールにもフェミニンにもなる定番トップ。そんな使える万能アイテムをカジュアルに取り入れるジェシカ・アルバやエレガンスに着こなすケイト・ボスワースなどをお手本に、暖かくなってきたこの季節だからこそ挑戦したい、シャツ&ブラウススタイルを徹底攻略!

ケイト・ボスワース 女性らしさが引き立つ定番ホワイト。

合わせるアイテムを選ばない定番の白シャツでお出かけしたケイト。着回しにも最適なプレーンな1枚は、コーデに迷う忙しい朝の強い味方だ。この日のケイトは、リバー アイランド(RIVER ISLAND)のデニム素材のガウチョパンツに、お気に入りのカルヴェン(CARVEN)のフラットでリラックスモードを満喫した。ワイドパンツやタイトスカートに合わせるとレディライクにも仕上がる、シーンを問わず愛用できるマルチな白シャツは要チェック。

ケンダエル・ジェンナー オフショルダーは今春注目度ナンバーワン!

おしゃれガールのケンダルは、今シーズン注目を集めるデコルテを綺麗に見せてくれるオフショルダータイプをセレクト。スカートを合わせるとフェミニンな表情を演出してくれるけれど、ケンダルのようにデニムに合わせるとカジュアルヘルシーなスタイルが完成。定番の白ではなく、あえてデニムとマッチした春らしいライトブルーをチョイス。ブラウスとカラーマッチさせたアクアズーラ(AQUAZZURA)のサンダルやバレンシアガ(BALENCIAGA)のバッグを合わせると、全体的にトーンがまとまりすっきりとした印象に。

リアーナ オーバーサイズのトップにタイトなボトムでバランスを意識。

NYでイベントに参加したリアーナは、ミュウミュウ(MIU MIU)のメンズライクなサイズ感のドロップショルダーシャツで大人のリラックススタイルを演出。トレンドを意識したオーバーなサイズ感のトップはこなれ感を演出できて良いけれど、難しいのはコーデのバランス。リアーナのようにショート丈のボトムを合わせて脚を大胆に露出すると、季節感を意識した軽やかな装いに。トップがボーイッシュなだけに、足もとはレディライクなパンプスで美バランスをキープ。

シャーリーズ・セロン とろみシャツで大人の余裕を体現。

5月27日に公開する『スノーホワイト/氷の王国』のフォトコールに現れたシャーリーズは、サン ローラン(SAINT LAUREN)のとろみシャツで大人の余裕を感じさせた装いを披露した。透け感のある落ち着いたカラーのシャツに、クロエ(CHLOÉ)のミニ丈スカートを合わせたコーデは軽やかな印象でこれからの季節にぴったり。アレクサンドル ボーティエ(ALEXANDRE VAUTHIER)の個性的なシューズで足もとにパンチを効かせるのが大人女子のモード術。

ジェシカ・アルバ ワードローブに1枚は持っていたい主役級シャツドレス。

さらっと1枚着るだけで決まるシャツドレスは、ワードローブに1枚は持っていたい優秀アイテム。カジュアルスタイルが大得意のジェシカも、プラスする小物次第で異なる表情を見せてくれるシャツドレスが大好き。LAにて家族でお出かけをしたこの日はジェニー ケイン(JENNI KAYNE)のホワイトコットンシャツにスニーカーを合わせたエフォートレスな装いを披露した。ウエストマークをしてヒールを合わせるとフェミニンに、サンダルを合わせるとリゾート風にと、様々なアレンジを楽しみたい。

グウィネス・パルトロウ フェミニンな1枚でイージーにおしゃれをブラッシュアップ。

春らしいペールピンクのブラウスに白いパンツを合わせて、ブエノスアイレスに舞い降りたグウィネス。柔らかくエアリーな生地がフェミニンな雰囲気を演出してくれるヴィクトリアンスタイルのブラウスはセント ロシェ(ST. ROCHE)のもの。100%オーガニックコットンで通気性もよく、春から夏にかけて重宝するだけでなく、こなれ感を演出してくれるのも魅力の1つ。サングラスやシューズなどのアクセサリーもペールカラーをセレクト。バッグはあえてダークカラーをチョイスしてコーデを引き締めた。

オリヴィア・パレルモ こなれた着こなしが叶うボウタイブラウス。

上海で行われたショッピングサイトのイベントに出席したオリヴィア。シルクのボウタイブラウスとレザーのスタッズが施されたペンシルスカートで、ハード&フェミニンの甘辛ミックスコーデを披露した。オリヴィアのようにボウタイはあえて結ばず無造作に垂らすと、決まりすぎないこなれたスタイルが完成。ゴールドチェーンのミニバッグでゴージャスな雰囲気を加え、大人のセクシーをエレガントに表現した。

参照元:VOGUE JAPAN

元記事を読む