1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 紫外線注意報!シミ、光老化を進行させないためには?

紫外線注意報!シミ、光老化を進行させないためには?

  • 2016.4.13
  • 2545 views

紫外線とシミ、光老化の関係

紫外線のお肌へのダメージで、一番気になるのは、やはりメラニン色素生成への作用です。
メラニンは色素細胞の中で、チロシンというアミノ酸から生成されます。チロシンはチロシナーゼと呼ばれる酸化酵素により、次々と反応しメラニンへと変化していきます。
生成されたメラニンは、本来は通常の表皮のターンオーバーによって角質とともに垢として排出されます。
紫外線により角化細胞(ケラチノサイト)に異常が起こると、色素細胞に「メラニンを作りなさい」という指令が出続け、過剰にメラニンが作り出されます。

 過剰に作り出されたメラニン色素は、ターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまいます。これが、「シミ」や「光老化」の原因になります。

じわじわダメージが蓄積される光老化

紫外線の積算時間によるお肌の老化を、「光老化」と言います。子供の頃から日焼けに気をつけていれば良いですが、なかなかそうはいきません。

また、紫外線は、晴れでも曇りでも毎日降り注いでいます。「ちょっとだから・・・」という油断が、少しずつ紫外線によるダメージを積み重ねていくのです。

光老化がお肌にもたらすダメージ

紫外線には、A波(UV-A)とB波(UV-B)があります。
主にA波は真皮の深いところまで届いてコラーゲンやエラスチンを変質させ、お肌の弾力を奪います。

また、表皮は年とともに薄くなるものですが、光老化は表皮を肥厚させます。だから、お肌ゴワゴワしたり、深いシワができやすくなるのです。
目の下のたるみも光老化が原因です。

光老化を進行させないためには?

日焼け止め剤を塗るのが1番効果的です。日焼け止め剤には、紫外線拡散剤と紫外線吸収剤の2種類があります。
お肌を労りたいのであれば、紫外線拡散剤をお勧めします。
紫外線拡散剤の弱点は、白浮きしやすいことですが、紫外線吸収剤に比べると、お肌に与えるダメージはかなり少ないです。

これからの季節、たとえゴミ出しに行く数分間でも、日焼け止めクリームや日焼け止めローションを塗り、美肌を保ち続けましょう。
次回は、日焼け止め剤の効果的な使い方について、詳しくお伝えします。

元記事を読む