1. トップ
  2. メイク
  3. お悩み解決!加齢瞼×大人のカラーメイク術【くすみ編】

お悩み解決!加齢瞼×大人のカラーメイク術【くすみ編】

  • 2016.4.12
  • 5803 views

加齢による目もとのお悩み【くすみ偏】

undefined

…認めたくはありませんが、目元のくすみは、年を重ねるごとに襲ってきますよね。
私は若い頃からアイプチやら、付け睫やらで瞼を酷使してきましたので、年齢のわりにくすみが酷く、透明感とはかけ離れた瞼になってしまいました。

同じような悩みから、カラーメイクを諦めてる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、私のようにくすみのせいで、カラーアイシャドウが綺麗に発色しないという方にお勧めのカラーメイクをご紹介致します。

【くすみ目】さんはイエロー×カーキメイク!

undefined

茶色く、沈んで見えがちなくすみ瞼にお勧めのカラーが【黄色】。
黄色は、茶色い肌を明るく見せてくれる効果があります。しかも、今年のトレンドカラーという良いとこ取りな一押しのカラーです!

なんだか難しそうなイメージがあると思いますが、しっかりぼかせば、肌色に馴染んでしまうので大丈夫。さりげない大人のカラーメイクが楽しめますよ。

アイラインもカラーライナーを使用します。
目元を引き締めてくれて、尚且つ派手に見えない万能な【カーキ】を組み合わせます。黄色にも相性抜群ですよ。

メイク方法

ポイント①イエローのアイシャドウ1色でグラデーションを作る!

undefined

あくまでも、大人っぽく仕上げたいので、単色使いに。ブラシを使い、ぼかしながら瞼全体に黄色のアイシャドウを広げていきます。
くすみや、くぼみが目立ちにくくなり、コンシーラーのような役割をしてくれます。

ポイント②目尻を忘れずに!しっかりカバー。

undefined

忘れがちな目尻部分ですが、意外とくすみが目立つ箇所です。
目尻から下瞼の黒目の外側まで、チップで薄く、黄色を足してあげましょう。この部分を明るくしてあげるだけで、華やかさが増します。

ポイント③カーキのアイラインで、跳ね上げて引き締める!

undefined

睫毛の際に細くラインを引きます。目尻を少し跳ね上げて書くことによって、大人っぽい仕上がりに。カーキは、ブラックより優しく見えて、ブラウンよりも目元を引き締めてくれるので、カラーメイクにはぴったりアイライナーです。

ポイント④マスカラはロングタイプで繊細に!

undefined

せっかくカラーメイクをしているので、アイメイクが引き立つように、セパレートした細長い睫毛を作りましょう。

くすみ対策ばっちりのカラーメイク完成です。

undefined

派手でなく、春らしく、トレンド感のあるイエロー×カーキの大人のカラーメイクの完成です。この配色であれば、無理して痛々しく見えることもありませんし、くすみをカバーしながら、カラーメイクを楽しめます。
まずは女友達とのお出掛けに試してみてはいかがでしょう?

お勧めのイエローアイシャドウ

こちらのメイクに使える、イエローアイシャドウをご紹介致します。

・ディオール ショウモノ/545サニー

undefined

出典:@cosme

マット系の発色のいいイエロー。質のいいアイシャドウで、思いっきりイエローメイクを楽しみたい方は、高発色で、肌に馴染ませやすい粉質を選んでみては?

・レブロン/カラーステイ シャドウリンクス

undefined

出典:@cosme

プチプラならこちらのレブロンがお勧め。なんと税抜600円。パッケージのサイズもコンパクトなので、気軽に買い足すことができます。

お勧めの【カーキ】アイライナー

ラブライナー/カーキブラック

undefined

こしがあって書きやすいラブライナーの新製品。カーキブラックというだけあって、深みがあって目元をしっかり引き締めてくれます。

【番外編】それでもくすみが気になる方にお勧めの秘密兵器!

・コスメデコルテ/ライトフォーカス

undefined

出典:@cosme

イエローアイシャドウでもくすみが飛ばなかったり、もっと発色を良くしたい方にお勧めなのがこちらのライトフォーカス。
色は至って普通のナチュラルカラーですが、しっとりした粉質に秘密があります。

undefined

こちらは、ハイライト、コンシーラー、アイシャドウベースと、様々な役割を果たしてくれる万能選手。特にくすみが気になる方には、とてもお勧めです。アイシャドウが濁ることなく、綺麗に発色してくれますよ。

くすみには、色選びが重要です!

いかがだったでしょうか?目元お悩みがあっても、楽しみやすいカラーメイクのご紹介でした。次回は、【小じわ】が気になる方にお勧めのカラーメイクをご提案します。

元記事を読む