1. トップ
  2. グルメ
  3. おさえておきたいビーチ&お買いものスポット。4泊6日、初めてのハワイの過ごし方~後編

おさえておきたいビーチ&お買いものスポット。4泊6日、初めてのハワイの過ごし方~後編

  • 2016.4.9
  • 11653 views

海外旅行先として不動の人気を誇るハワイ。5~6月はお天気も安定していて絶好の旅行シーズンです。観光局公認ハワイスペシャリストで、外苑前にあるハワイアンカフェ「ラニカイテラスby旅工房」の青木優里さんに、おすすめの4泊6日プランをご紹介してもらいました。後編は、3日目から巡るビーチタウンとお楽しみのショッピング情報です。

[3日目 プラン①]サーファーの聖地、美しい海が広がるノースショアまでお出かけ

「3日目はザ・バスやレンタカーを利用し、遠出してみてはいかがでしょうか?」と青木さん。ぜひとも出かけてみたいのが、世界中のサーファーが集まることで知られるハレイワ。海の美しさはもちろんのこと、昔ながらのハワイを感じられる素朴な街並みを歩くのも楽しい場所です。

シェイブアイスを買って食べたり、ビーチではサーファーを眺めたり、工房にショップを併設した「North Shore Soap Factory(ノースショア・ソープ・ファクトリー)」の手作り石けんやリップクリームは、自分用にはもちろん、バラマキみやげとしても人気です。

○North Shore Soap Factory(ノースショア・ソープ・ファクトリー)

[3日目 プラン②]歩くだけでわくわくする! おしゃれビーチタウン、カイルア

ハレイワと並ぶ、人気のビーチタウンがオアフ島東海岸のカイルアです。「おしゃれなセレクトショップやかわいい雑貨屋がコンパクトにまとまっていいて、ぶらぶら歩くだけでも楽しい!」(青木さん)

そのカイルアで、おみやげ探しにうってつけのスポットは、自然派スーパーの「Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット)」。

「ホノルルのカハラにもありますが、カイルアのお店のほうがハワイのものがたくさんそろっていて、コスメや、ドレッシング、ジャムなど集めたコーナーがあります。カイルア店限定のエコバッグも、入荷するとすぐ売れてしまうほどの人気。気にいったデザインがあれば、即ゲットするのがいいですね。おしゃれな日用雑貨が安い「Target(ターゲット)」ものぞいてみてください」(青木さん)

○Whole Foods Market, Kailua(ホールフーズ・マーケット カイルア店) ○Target, Kailua(ターゲット カイルア店)

カイルアまで来たら、足を延ばしてみたいのが「天国の海」のニックネームを持つラニカイ・ビーチです。

「住宅街の小道の先にビーチが見えた瞬間の感動は、忘れられないハワイの想い出になるはず」(青木さん)

カイルアのタウン散策やラニカイ・ビーチへは、レンタル自転車がおすすめと青木さん。

「この自転車も、前日までに必ず予約してください。日本語が通じる「Kailua Bicycle(カイルア・バイシクル)」はメール予約ができますよ」

○Kailua Bicycle(カイルア・バイシクル)

[4日目]大リニューアル進行中の「アラモアナ・センター」でショッピングざんまい!

「4日目は、ハワイ旅行のクライマックスともいえるショッピングタイムを。リニューアルが進み、新エリアがオープンしたばかりの「Ala Moana Center(アラモアナ・センター)」へは、時間をたっぷりとって訪れてください」と青木さん。

注目は、ハワイに初出店したアメリカの高級デパート「Bloomingdale’s(ブルーミングデールズ)」。またシューズフロアが充実していることで知られる「Nordstrom(ノードストローム)」もセンターの山側から海側に移転し、ユニークなレストランスペースが登場しています。

ニューショップも続々とオープンしているので、行きたいお店を事前にチェックしておくと効率よくお買い物ができるそうです。

○Ala Moana Center(アラモアナ・センター)

[最終日]早起きして最後の最後までハワイを楽しみつくして!

そしていよいよ、ハワイ滞在最終日。

「早朝のビーチを散歩したり、朝ヨガに参加したり、思い残すことのないよう過ごしてください。羽田便の場合は、ホノルルを発つのが夕方。最終日も午後まで使えるから、人気店のパンケーキ店や、ちょっと贅沢なランチを楽しむのもいいと思います」(青木さん)

元記事を読む