1. トップ
  2. ファッション
  3. 4月の朝は透明感のある白×グリーンの花々でリフレッシュ!~花のあるウィークエンド、自分を癒してくれる朝時間~

4月の朝は透明感のある白×グリーンの花々でリフレッシュ!~花のあるウィークエンド、自分を癒してくれる朝時間~

  • 2016.4.8
  • 2737 views


花散らしの雨で、空を優しく染めていた桜の花びらは地面に舞い降り、しっとり続くアスファルトの道は星を散りばめた銀河のよう。散ってなお美しい余韻を残す桜、今年も儚い夢をありがとう。

桜のシーズンが過ぎると、花屋さんは春の花からいっきに初夏の花へ、まるで衣替えするように変わっていきます。これから5月にかけてバラがトップシーズンを迎え、母の日に向けて美しい色合いのカーネーションが並び、そして初夏の花の女王・芍薬にうっとりする季節がやってきます。

今はちょうどその春と初夏の端境。3月は忙しく過ぎ、そして新しい環境で緊張気味の4月を迎えて実はちょっとお疲れ......という方も多いのではないでしょうか。週末はずっとベッドで布団にくるまって寝ていたい! という気持ちもよくわかりますが、お疲れモードによく効く週末の朝の過ごし方をご紹介しましょう♪

金曜の仕事帰り、もし花屋さんに寄る時間があればお気に入りの花を連れて帰り、包み紙をはずした花をやや深めの水に入れて一晩休ませます。そして翌土曜の朝、窓辺で朝日を感じながら早速花を活けていきましょう! 私はあえて音楽をかけずに、チュンチュンと鳴く鳥の声に耳をすませながら朝の静寂の中で活ける方が心落ち着くのですが、お気に入りの音楽を聴きながらも活けるのもきっと良い気分ですね♪

フレッシュな水をたっぷりと花瓶に入れて、それぞれの花の表情と向き合いながらパチン、パチンと茎にハサミを入れていきます。生花にはたとえ一輪であっても生きているものが持っている"精気"があり、植物のエネルギーを感じることで自分の中の"気"も目覚め、不思議と元気が湧いてきます。そして目の前の花を活けることに集中している時間は、雑念なく頭を空っぽにすることができて、これがまたすごくリフレッシュ効果が高いのです!!

「色」が心身に与える効果、という話はよくご存じかと思います。例えば黄色やオレンジといったビタミンカラーは元気の素だったり、ピンクは女性らしい美しさや幸福感をもたらしてくれたり、ブルーには鎮静効果があったり......などなど。もちろん、花を通じて色の持つ心理的効果を享受できるわけです。

この4月という、始まりのやや不安定な揺らぎの季節に特におすすめしたい色はずばり「白×グリーン」!
多くの植物がまとっている緑色には、情緒の安定や身体を癒す効果があるとされ、可憐で清らかな印象の白い花々にはリラックス効果があると言われています。初夏の白や淡い黄緑色の花々には心が洗われるような透明感が宿り、「白×グリーン」の色合わせは、リセットしながら進んでいく4月の心と体に優しく寄り添ってくれるのではないでしょうか。

**************
可憐な白い花々とビバーナム・スノーボールのふんわり投げ入れアレンジ

【材料】
ビバーナム・スノーボール(黄緑色の花・枝モノ) 1本
デルフィニウム(白) 1~2本
ニゲラ(白) 2本
オキシペタルム(※通称 ブルースター)(白) 2本
リューココリーネ(白) 2本
フラワーベース 1点
切花栄養剤の小袋 1〜2袋 ※最近は花屋さんで小袋をつけてくれるところが増えています
空の500mlのペットボトル 1本

<白い花 ※写真右参照ください>
左上:リューココリーネ
右上:デルフィニウム
中央:ニゲラ
右下:オキシぺタルム(ブルースター)

【作り方】
1. 空の500mlのペットボトルを活用して、切花栄養剤の小袋を1袋入れて希釈した水を用意し、フラワーベースの7分目くらいまで水を入れます。
2. 材料に枝モノと花がある場合はまず、枝モノから活けます。ビバーナム・スノーボールの枝を鋭く斜めにカットし、さらに切り口にハサミをマイナスに入れ、水を吸いやすいようにします。また、水に浸かりそうな下の方の葉は手で取り除きます。花のボリュームや付き方を見てフラワーベースの口元からやや飛び出すように活けます。
3. 1本にスプレー状になったデルフィニウム、ニゲラは茎をばらして小枝にし、細かい葉もフラワーベースの水に浸かりそうな部分は取り除きます。全体的にふんわりするように、ゆったりと活けていきます。
4. ブルースターの下葉を取り除きます。ブルースターは、茎や葉の切り口から白い液が出ますが、肌の柔らかい部分に付着するとまれにかゆくなることがありますので気をつけてください。茎の切り口の白い液は洗い流してから活けます。
5. 最後にリューココリーネの花を飛ばすように活けて、出来上がり!!

**************

私自身が本当に愛してやまない美しい黄緑色の花「ビバーナム・スノーボール」! 小さな花の集まりは一見アジサイのようですが、アジサイとは全く異なる「スイカズラ科ガマズミ属」の低木になります。冬の終わりから出回り始めますが、国産のぷりぷりのスノーボールはちょうどいまが旬、美しいシーズンにぜひ一度手に取ってみてくださいね。

今回は数種類の白い花をミックスしましたが、ここ最近のトレンドは、野原から摘んできたばかりの草花をふんわり束ねたような感じの"シャンペトル(仏語で田舎風)スタイル"。画像ではわかりにくいですが、フラワーベースもそんな素朴な雰囲気に似合う白いホーローのピッチャーをあわせています。このふんわり感を出すには、花そのものが軽やかな印象、柔らかな質感の花びらや葉をもつ種類を選ぶことがポイント。白い花といっても様々な色形の花がありますので、その時のご自身の気分にピタッとくるものを選んでくださいね。

白×グリーンの花々がきらきらと朝の光をまとって、シリアル&フルーツのヘルシー朝食もいっそう美味しく感じるはず! 間違いなく、内側から美しくなってますよねー(笑)

**************
白×グリーン、すっきりシンプルなラウンドアレンジ

【材料】
カーネーション(グリーン) 2本
テマリソウ 3本
アルストロメリア 1/2本
フラワーベース 1点(画像は直径12㎝×高さ12㎝/口が丸い器の方が最初は作りやすいです)
切花栄養剤の小袋 1袋 ※最近は花屋さんで小袋をつけてくれるところが増えています
空の500mlのペットボトル 1本

【作り方】
1. 空の500mlのペットボトルを活用して、切花栄養剤の小袋を1袋入れて希釈した水を用意し、フラワーベースの8分目位まで水を入れます。
2. カーネーションとテマリソウの下葉を取り除き、フラワーベースの縁に花の縁をひっかけるようにぐるっと一周活けます。この時茎がスパイラル状に(画像右)に交差するようにすると、透けている器でも中の茎がすっきり見えます。
※カーネーションとテマリソウ、茎や葉を観察するとそっくりなことにお気づきのはず! カーネーションもテマリソウも同じナデシコ科の花なのです。テマリソウの緑のフサフサした部分は、雄しべや雌しべ、花びらが変異したもの。
3. アルストロメリアはスプレー状にたくさんの花をつけています。1輪1輪に小分けにして、アレンジの中央に挿します。つぼみもアクセントになりますし、膨らみかけたつぼみは小さな花が咲いてきます。アレンジ全体のフォルムがまあるくなるように活けると、それぞれの花の愛らしさが引き立ちます。出来上がり!

**************

1年中出回るカーネーション、日本は南北に長い国なので、春夏と秋冬で産地をリレーして栽培されています。春のカーネーションは2月頃からハウスの中で花がたくさん咲いてきて、5月の母の日(今年は5月8日です)に向けてピークを迎えます。最近は本当におしゃれな色合いが増えて、ふんわり丸く優しく咲く花はお客様にも大人気! あまり知られていませんが、香水の原料にされるほど甘くスパイシーな香りを持った花でもあります。そしてそのカーネーションと同じナデシコ科のテマリソウ、比較的新しい品目ですが、そのマリモのような愛らしい姿で瞬く間に人気の花材に! 明るいグリーンがふさふさした芝生のようで、季節のアレンジに重宝します。

アルストロメリアもこれから初夏にかけて旬を迎える花。約35%のシェアを誇る長野県がトップ生産地、高冷地の爽やかな空気を運んできてくれるような、すっきりした花姿が美しいですね。カーネーションもテマリソウもアルストロメリアも、日持ちが良いことが嬉しい花でもあります。クリーンな印象の同系色でシンプルなラウンド型にまとめてみると、何となく北欧ブランドの食器に似合うテイストに♪ ウィークエンドはもちろんのこと、デイリーな朝のテーブルにぴったりな爽やかアレンジですね。

今回は、「白×グリーン」という色をテーマにご紹介しましたが、ときに花が、その時の体調や気分を助けてくれることがあります。特に白い花は、気持ちをリセットしてくれて、新しい環境に一歩踏み出す心の余裕のようなものを不思議と生みだしてくれる感じ。私自身いく度となくそんな体験をしてきて、改めて花のパワーってすごいなあ......と思っています。

花と過ごすウィークエンドの朝時間、想像以上に清々しい1日のスタートになります。リフレッシュできて本当にオススメなので、ぜひ試してみてくださいね~♪

ではでは皆さま、花と素敵な週末を。

<TOPICS>
先日の素敵なイベント、英国王室御用達の香りのブランドMOLTON BROWNとWEEKEND FLOWERのコラボレーション企画をご紹介! 今回はスズランと白い花々にインスパイアされた新しいフレグランスライン「デューイ リリー オブ ザ バリー」のマスコミ発表会にてご一緒させていただきました。

ペニンシュラホテルの一室で、アフタヌーンティーをお楽しみいただきながらの優雅な発表会。美容・ファッション関係のメディアの編集者さん、モデルさんやブロガーさんがご招待される中、可憐な白い花々の爽やかで幸福感あふれる気分を体感していただこう♪ という企画。

おしゃれな女性陣のみならず、美に関心が高い男性陣も皆さま大喜び! WEEKEND FLOWERのコンセプト~花のある暮らしを広げていきたいという想いにも、深く共感していただきました。

モルトンブラウン公式サイト: http://www.moltonbrown.co.jp/product/lily-of-the-valley/#1


<INFORMATION>

花の国日本協議会では、昨秋より本格的に

「WEEKEND FLOWER」企画をスタート!

家族や友人が集う食卓に、1週間がんばったご褒美に。ウィークエンドに花があるだけで、会話がはずんだり、笑顔が増えたり、心がほっとしたり。"日常の素敵"――花のある暮らしを提案します。


◆facebookページもよろしくお願いします!
https://www.facebook.com/weekendflower/

◆WEEKEND FLOWER 公式サイト
http://www.floweringjapan.com/weekendflower/

元記事を読む