1. トップ
  2. ネイル
  3. セルフネイラーさんの悩みを解決!フレンチネイルを綺麗に仕上げるにはどうすればいいの!?

セルフネイラーさんの悩みを解決!フレンチネイルを綺麗に仕上げるにはどうすればいいの!?

  • 2016.4.7
  • 1912 views

セルフネイラーさんが抱える悩みの中でも特に多いのが、フレンチネイルが綺麗にできない、というものです。しかしこの悩み、ちょっとした工夫によって意外とあっさり解決できてしまうのです!いつもフレンチネイルが綺麗に仕上げられなくて困っているという方は、ここでご紹介するアート法をぜひ実践してみてくださいね。

まっすぐフレンチならセルフネイルでも簡単!

【イットネイル】!「フレンチネイル」というと美しい曲線が描かれた定番のデザインを思い浮かべがちですが、何もあのデザインにこだわる必要はありません。横にまっすぐなラインを引いた「まっすぐフレンチ」だって、立派なフレンチデザインなのです!

どうしても綺麗な曲線を描けないという方は、この「まっすぐフレンチ」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?このデザインならば平筆を使って爪先にカラーリングすることで綺麗なフレンチラインを描くことができますし、細筆を使えば歪んだラインも比較的簡単に修正できます。

ストーンやラメを使ってラインの歪みを誤魔化す!

セルフネイルでフレンチラインを描く場合、どうしても利き手でアートする方(右利きの方であれば左手のネイル)のラインが歪んでしまいますよね。もちろん慣れてくればある程度綺麗なラインを描くことができないわけではありませんが、こればかりはどうしようもありません。

そこでおすすめしたいのが、ストーンやラメを使うという方法です。

フレンチラインにストーンやブリオン、スタッズ、ラメなどをのせることで、ラインの歪みを誤魔化すわけですね。5本ともすべてにアートしても可愛いですし、ラインが歪んだ部分にだけストーンをのせても、お洒落に仕上がります。

ガイドテープを使ってフレンチラインを描く

どうしても綺麗な曲線を描き、しかもストーン類で誤魔化したくはないという方には、フレンチラインのガイドテープを使用することをおすすめします。

使い方はとてもシンプルで、フレンチラインを描きたい部分にガイドテープを貼り、その上からカラーリングするだけでかまいません。あとはこのテープを剥がせば、美しいフレンチラインが描けています。

ちなみに手元にガイドテープがないという場合、100円ショップで販売されている丸いシールやパンチ穴を補修するためのシールなどで代用してもOKです。またV字フレンチなど真っ直ぐなラインを描きたいという場合は、マスキングテープを使うというのもいいでしょう。

Itnail編集部

元記事を読む