1. トップ
  2. レシピ
  3. ストウブ、ル・クルーゼだけじゃない! スタイリッシュな国産の鋳物コレクション

ストウブ、ル・クルーゼだけじゃない! スタイリッシュな国産の鋳物コレクション

  • 2016.4.4
  • 911 views

おしゃれなキッチン雑貨に目がない女性はもちろん、料理好きな男性の間でも、ひとつは持っていたいアイテムとして必ず挙がるのが、ストウブやル・クルーゼなどの鋳物(いもの)製品。

(c) momensakura49 - Fotolia.com

熱伝導率や保温性が高く、あらゆる料理が本格的に仕上がると愛用者が急増中ですよね。でもじつは、バーミキュラをはじめとする国産の鋳物も、日々、使いやすくスタイリッシュに進化しています!

そこで、メイドインジャパンならではの技術が光る、これから注目度アップ間違いなしの国産鋳物製品をピックアップしました。

■“世界一軽い、鋳物ホーロー鍋”「ユニロイ」

古くから鍛冶の街として栄え、近年では金属製食器やハウスウェアなどの生産が盛んなことで知られる、新潟県燕三条市。そんな、伝統が受け継がれる街で生まれたのが「世界一軽い、鋳物ホーロー鍋」をうたう「ユニロイ」。

一般的な鋳物製品は重さがネックでしたが、ユニロイの製品は厚さわずか2mm(底は2.5mm)という薄さを実現。熱伝導性がより高まり、短時間で鍋の中の温度を上げることができます。

軽さだけでなく、継ぎ目がなく流れるようなスタイリッシュなデザインも魅力のひとつ。お手入れがかんたんなので、毎日さまざまな料理に活用したくなる逸品です。

■南部鉄器ゆずりの高い保温性「i-ru Pot」

国内ホーロー専業メーカーならではの技術と、歴史ある伝統工芸品「南部鉄器」を組み合わせた新しいタイプの鋳物ホーロー鍋です。

煮込み料理や無水調理はもちろん、ごはんを炊くのにもぴったり。火を止めても調理が続く、南部鉄器の特徴をいかした高い保温性で、かまどで炊いたようなふっくらとしたごはんが味わえます。

ブランド名である「i-ru」とは、金属から生地を鋳造する「鋳る(いる)」という言葉から生まれたのだとか。

和を感じるあたたかみのあるカラーラインナップも、輸入品ではみることができないものばかり。どれをえらぶか迷ってしまいそうです。

■お手入れしやすい鋳物鍋「リロンデル」

こちらもユニロイと同じく、新潟県燕三条市発のブランドです。

大きな特徴は、市場初のステンレスを使用した鋳物ホーロー鍋であるということ。さびにくいステンレスを素材に採用することで、鋳物鍋のメリットを保持しつつ、お手入れしやすいつくりになっています。

また、鍋内の温度上昇がゆるやかなため、無水調理に適しているのも注目ポイント。

高い機密性で均一に熱をいきわたらせることで、食材そのもののおいしさをじゅうぶんに引き出しながらも調理時間は短縮できる、忙しい女性にうれしい製品です。

■料理好きな男性へのプレゼントに「フェラミカ」

料理好きな男性が増えている昨今、「男前キッチン」アイテムとしておすすめしたいのが「フェラミカ」の鋳物製品。

鋳物生産では1,000年以上の歴史を持つ埼玉県川口市の職人技が光る、強さと軽さを兼ね備えた鋳物鍋やフライパンがとりそろいます。

その重さは従来品の約半分、厚さは2mmを実現しながら、強い鉄素材を使用しているため、ばつぐんの耐久性。アウトドアでも活躍しそうです。

鋳物本来の黒が際立つシンプルなルックスに、赤いつまみがアクセント。モノにこだわる男性にもぴったりなデザインと使い勝手だから、彼やだんなさまへのプレゼントにもよさそうです。

昔から培われてきた技術をいかし、こだわりのあるモノづくりをする日本の職人さんたち。彼らが支える国産鋳物ブランドに、今後も注目していきたいですね。

ユニロイ
i-ru Pot
リロンデル
フェラミカ

(コミヤ カホル)

元記事を読む