1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 作り手の個性が光るハンドクラフトが見つかる。信州発のセレクトショップ

作り手の個性が光るハンドクラフトが見つかる。信州発のセレクトショップ

  • 2016.4.4
  • 1684 views

善光寺にほど近い大門町にある「信州プレミアムショップ」。独自に発掘した信州の食や工芸品を、その土地や作り手の魅力とともに紹介しながら販売しているお店です。 工芸品は、長野県を中心に活動している作家の作品をセレクト。「幅広い人に身近に感じてもらえるもの、それでいて、その作家の個性が光っているもの」を基準に選んでいるのだそうです。訪れれば、ふだんの暮らしに取り入れやすい、センスのいい雑貨が見つかりますよ。

やさしい色はくるみの灰から。「ガラス工房 橙」のくるみガラス

ぽってりと手になじむ、どこか懐かしい印象のグラスは「ガラス工房 橙」のくるみガラス。やわらかな淡い緑色は、長野県東御(とうみ)市特産のくるみの殻を燃やした灰を、ガラスの原料に混ぜることで生まれるのだそう。自分へのおみやげにして、気取りのない美しさを毎日楽しみたくなるグラスです。

店頭では、小さなサイズのタンブラーから脚付きのシードルグラス(2160〜4320円)など、数種類を扱っています。1点1点手づくりなので、同じ種類のグラスでもそれぞれ表情が違っています。じっくりと、お気に入りの作品を選びましょう。

木のぬくもりを感じる「solnte」のキッチンウェア

くねくね曲がる木製のジャバラを扉に使った、ジャバラの小箱(5万9400円)は、長野県松本市で木製家具や小物のデザイン・製作を手がける工房「solnte(ソルンテ)」によるもの。毎日の暮らしの中に木の温かみをプラスできるよう、木の表情や木目の美しさを生かした、シンプルなデザインが素敵です。箱の上にある板は付属のパントレイ。まな板としても、箱の中の仕切り板としても利用できます。

左のカッティングボード(各4050円)は、明るいイメージのナラ材のものと、シックなウォールナット材を使ったものがあります。使い込むほどになじんで、愛着のある一品に育ってくれそうです。

やさしく香る「lifart...」のキャンドル

一日の終わりのリラックスタイムを、やわらかな灯りと香りで演出してくれる「lifart...(リファート)」のソイ&パームワックスフレグランスキャンドル(各2376円)。大豆とパーム原料を用いた植物素材100%のオリジナルブレンドワックスは、煙や煤が少なく、ゆっくり燃えてクリアな香りが楽しめます。

ミルクのようにコクのあるキャンドルのアイボリー色は、原料の大豆由来のものなのだそう。蓋がついているので、ホコリがたまったり香りが飛んだりするのを防いで、長く楽しむことができますよ。

WEBサイトで購入できる商品もありますが、やはり実際に見て、さわって、気に入ったものを選べるのはうれしいですね。

信州の「おいしいもの」もたくさんあります

メインフロアには、信州産の食品がずらり。ジャム、調味料、畜産加工品、お菓子やドリンク、お酒などが購入できます。パッケージがかわいい商品も多いので、友人などへの気軽なおみやげ選びにもおすすめです。

お店は蔵造りの建物が集まる「ぱてぃお大門」という複合施設の中にあって、同じ建物内には姉妹ショップの「PEAKs Cafe & Shop(ピークスカフェアンドショップ)」もあります。

フレッシュなアイデアと作り手の温もりが融合した、信州の「いま」を感じるアイテムを探している人は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう?

元記事を読む