1. トップ
  2. ネイル
  3. セルフネイル初心者向けのジェルはどれ?カラージェルネイルの種類&きれいに塗るコツ

セルフネイル初心者向けのジェルはどれ?カラージェルネイルの種類&きれいに塗るコツ

  • 2016.4.4
  • 2332 views

最近はサロンではなく自宅でセルフジェルネイルを始める人もいます。そのセルフジェルネイルにも欠かせないカラージェル。昔は種類の少なかったカラージェルも、今となってはたくさんのメーカーからたくさんの種類が登場しています。今回は、たくさんの種類があるカラージェルの基本的な選び方やメジャーなタイプを紹介しています。また終盤では、ジェルネイルの仕上がりや持ちをよくするための、カラージェルをきれいに塗るコツを紹介しています。

初心者におすすめのタイプ

【イットネイル】カラージェルは、大きく分類すると以下のようなタイプに分かれています。

・しっかり色づくタイプ

・淡めの薄づきタイプ

・にじみにくい硬さのあるタイプ

初心者におすすめのタイプは、あらゆるデザインに使える、色づきのしっかりとしたカラージェルです。

初心者のうちは凝ったアートはあまりしないので、爪全体に塗ってもしっかり発色するタイプが扱いやすいのです。

薄づきのタイプは、シースルーネイルやグラデーションなど淡い色使いが多いデザインに合っています。

普通のジェルにクリアジェルを混ぜることで、自作することもできます。

細かいアートなどは、硬さのあるジェルですとにじみづらく、凝ったアートや柄ネイルなどがやりやすいです。

慣れてきて凝ったアートをしたくなったら、これらのジェルを買ってみてもいいでしょう。

どのようなタイプを買うときでも、自分の持っているライトで硬化できるかを確認しましょう。

初心者にとって便利なジェルネイルキットの中にも、さまざまなタイプが登場しています。

ジェルネイルキットで買うときは・・・

もしカラージェルがたくさん入っていないキットを買う場合は、キットとは別に、カラージェルを単品で買いそろえることになります。

そのときも、自分が買ったキットと同じメーカーのジェルを買うか、キットについて来るライトに合っているジェルを選ぶようにしましょう。

また、インターネット通販ができるジェルネイルキットの中には、注文の際にカラージェルの色を選べるタイプもあります。

欲しい色のみを選んで買いたいというときは、このようなタイプのキットを選ぶのがおすすめです。

上手にカラージェルを塗るコツ

ジェルをしっかり&きれいに発色させるためには、いっぺんに塗らず二度塗りや三度塗りをすることが大切です。

また少しずつ薄めに塗っては、硬化を繰り返すことで、ネイルの仕上がりはもちろんジェルのもちなども変わってきます。

ただしあまり厚塗りをしすぎると、硬化しきれなかったり、硬化に時間がかかったり、重い仕上がりになることがあるので注意しましょう。

このような注意点は、マニキュアとほぼ同じです。

またカラージェルはパレットなどに複数のカラージェルを出して、混ぜて別のカラーを作り出すこともできます。

ただし混ぜる場合は、異なるメーカー同士で混ぜると上手く混ざらなかったり、硬化が上手くいかないことがあるので注意しましょう。

いろいろなメーカーのジェルを使っていきたくなるかもしれませんが、なるべく一つのメーカーに絞ったほうがスムーズです。

自分に合ったメーカーを見つけてくださいね。

Itnail編集部

元記事を読む