1. トップ
  2. グルメ
  3. 春を呼ぶ、ピンク色のスイーツ。

春を呼ぶ、ピンク色のスイーツ。

  • 2016.4.4
  • 7686 views

TOKYOパリジェンヌのスイーツみやげ。

春本番。心躍る季節の到来を色でたとえるなら、きっとピンク! ひと目&ひと口で春気分を満たしてくれる、ピンク色のスイーツを贈りませんか。老舗が手がけるトラディショナルなクグロフから、気鋭のパティシエが腕をふるうモダンなガトーまで、“ピンク”をテーマに選りすぐった新作スイーツをラインナップ。

シェアして楽しむ、ラブリーな苺のパリブレスト。

スタイリッシュスイーツの先駆けとして知られる人気店「ドゥ・ボン・クーフゥ」でシェフパティシエを務めた岩柳麻子さんが、同店の「10周年」を節目に独立。2016年1月、スイーツ激戦区でもある等々力に自身の店「パティスリー アサコ・イワヤナギ」をオープンした。「出来立てのおいしさ、フレッシュで自由度の高いスイーツを提供すること」をテーマに、パートナーの宿澤 巧さんがデザインしたシアトリカルな空間で独創的なフランス菓子約40種を提案する。この春登場した「苺のパリブレスト」は、苺のシュークリーム6個で"輪"を象ったユニークなフォルム。フリーズドライ苺の扮糖で彩った軽いクッキー生地の間には、生クリームを苺のクレームパティシエールで割った軽やかなディプロマットクリームをたっぷり詰め合わせて。ベリーの酸味とまろやかな食感、キャッチーな面立ちに思わずキュンとするASAKO流パリブレスト。春のピンクモードに誘う、手みやげ上手の切り札になりそう。

元記事を読む