1. トップ
  2. ネイル
  3. ジェルネイルの基本!クリアジェルの扱い方ときれいに仕上げるための塗り方

ジェルネイルの基本!クリアジェルの扱い方ときれいに仕上げるための塗り方

  • 2016.4.4
  • 2095 views

ジェルネイルの必須アイテムである「クリアジェル」。クリアジェルはベースジェルやトップジェルとして使うため、どんなデザインのジェルネイルにおいても、多目に使う機会が多いタイプのジェルです。そんなジェルネイルの土台となるクリアジェルの扱いや塗り方は、初心者が必ず覚えるべき、セルフジェルネイルにおける土台であり基本。しっかりと扱い方と正しい塗り方を覚えておけば、カラージェルなどを塗るときも楽になるはずです。

クリアジェルの出し方

【イットネイル】クリアジェルを塗るときの筆は、カラージェルやラメジェルとは違う筆を使いましょう。

スタンダードな平筆がもっとも塗りやすいです。

また、おろしたばかりの筆を使う場合は、クレンザーなどで筆を拭いてから使いましょう。

まずはボトルに入っているクリアジェルを、つまようじかジェル筆で必要量だけ出しておきます。

ベースジェル以外にも使う場合は、他の箇所にも出して分けておくといいでしょう。

最初のうちはどのくらい出せばいいか分からないかもしれませんが、必要量などは爪の大きさや長さによって異なります。

慣れるまでは、ちょっと多いくらいの量を出しておくと安心です。

必要量を出したボトルは、なるべく速やかにふたを閉めておきます。

うっかり開けっ放しにしておくと、ジェルにほこりなどが入ったり硬くなったりします。

クリアジェルの塗り方

さっそく筆でクリアジェルを塗っていきましょう。

・親指から塗っていく

筆は軽く動かして力を入れすぎないようにしましょう。

マニキュアよりも粘土のあるジェルは、ちょっと塗るときの感覚やコツが違ってきます。

薄づきにしようとして、筆をべったりさせて塗っていくと逆効果です。

適度な傾きで、薄すぎず厚過ぎないようにしましょう。

順番は親指から塗っていくのがおすすめ。

・ジェルは甘皮につけない

最初のうちは難しいかもしれませんが、甘皮や皮膚にはジェルがつかないように塗っていきます。

これは仕上げたあとの浮きやはがれを防ぐためでもあります。

このため甘皮からちょっとだけ離れた位置にジェルを伸ばしていく必要があります。

慣れてくると、甘皮ぎりぎりのラインまでジェルを均一に伸ばせるようになってきます。

・先端も塗っていく

マニキュアにも共通しますが、ジェルは爪先まで塗っておきましょう。

これに注意することで、爪先端からのリフトを防ぐことができ、ジェルネイルの持ちが変わります。

確認して硬化する

・全体の厚みは均一に

全体の厚みが均一になっているか、ムラやはみ出しがないかなどを、いろいろな角度から確認しましょう。

なれないうちは、爪一本塗り終わるごとにちゃんと塗れているかを確認しつつ、ライトで照射していく必要があります。

ジェルを塗ってから硬化まで時間を置きすぎると、ジェルの状態が変わって仕上がりも悪くなります。

いかがでしたか?

慣れるまでは大変かもしれませんが、なるべく丁寧に塗っていくことが大切です。

正しい出し方・扱い方・塗り方などを覚えておきましょう。

またジェルの保管にも十分な注意が必要です。

Itnail編集部

元記事を読む