1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 固まったジェルネイル用筆を救済!ブラシクリーナーで特別なクリーニング

固まったジェルネイル用筆を救済!ブラシクリーナーで特別なクリーニング

  • 2016.3.17
  • 1773 views

ジェルネイル用の筆は、使うたびにお手入れしないと汚れが残り使いづらくなっていきます。しかし自分が気をつけてお手入れしているつもりでも、ジェルの種類などによっては固まってしまうなどのトラブルも。そこで今回は、ジェルネイル用筆がうっかり固まってしまったとき・ひどく汚れたときの、正しい対処法を解説しています。

ジェル用筆が固まってしまった!

【イットネイル】使うたびにお手入れしないと、どんどん汚れてしまうジェルネイル用筆。

注意しているつもりでも、うっかり汚れが溜まったり、カラージェルなどで固まったりすることもあります。

諦めて他の筆を買うのもいいのですが、固まるたびに買い換えていてはコストも結構な金額になりますし、大変ですよね。

状態によっては、特別なクリーニングを行うことで、買い換える必要がなくなり節約につながります。

ジェルネイル筆は濃い色のカラージェルを使用していたり、普通のカラージェルでも使い方などによっては酷く汚れてしまうことがあります。

また何度も使って古くなってきたジェル筆ですと、奥に汚れが残ってしまったままになったり、汚れが溜まってきてだんだん使いづらくなってきます。

ジェルネイル筆の汚れが強い場合は普段のお手入れとは別に、別の方法でお手入れする必要が出てきます。

ジェル筆が汚れてしまっているとき

強く汚れている場合は、「ネイルブラシクリーナー」という、クリーニング用のアイテムを使います。

ネイル専用のものを使ったほうがいいのですが、どうしてもない場合はアセトンなどで代用できます。

ダッペンディッシュ(なければ小さな陶器などを代用)にブラシクリーナーを少量入れて、ジェル筆を洗うように汚れを落としていきましょう。

汚れが浮いて、ブラシクリーナーの液剤が汚れてきたら完了です。

最後は、キッチンペーパーなどで拭き取るのを忘れずに。

ジェル筆が固まったとき

まれにジェルネイル筆の奥に残ったジェルが、カチカチに固まってしまうことがあります。

残ったジェルは放って置くとどんどん固まって、ジェルネイル筆は使い物にならなくなります。

この場合は上記のクリーニング方法にくわえて、アルミホイルでなじませる必要があります。

ブラシクリーナーをダッペンディッシュに入れて毛に十分含ませたら、ジェル筆にアルミホイルを巻いてしばらく放置します。

ジェルが溶けたら、クリーナーと一緒にキッチンペーパーで拭き取りましょう。

お手入れが終わったら、キャップをして日光の当たらないところで保管しましょう。

ちなみにブラシクリーナーもアセトンも、普段のお手入れなどで頻繁に使うと筆が傷んでしまいます。

あくまで固まったとき・汚れが酷いときのみの対処法として、頻繁には使用せずに正しく使用してくださいね。

丁寧にお手入れをすれば、ジェルネイル筆も買い替えをしょっちゅうすることはなく、十分長持ちします。

あわてずに、正しいクリーニング方法で対処しましょう。

Itnail編集部