1. トップ
  2. レシピ
  3. 食欲の秋は美肌の秋! 食べてキレイになる秋の味覚3選

食欲の秋は美肌の秋! 食べてキレイになる秋の味覚3選

  • 2014.9.23
  • 560 views

食欲の秋、食べ物が美味しい季節がやってきました。秋に旬を迎える食べ物には、美味しいだけでなく美肌にも効果的なものがたくさんあります。せっかく食べるなら美容効果も考えて食事を選びたいですよね。

■サンマを食べてアンチエイジング

「秋刀魚」と書くサンマは、文字通り秋の味覚を代表する魚。脂ののった美味しさに加え、実はアンチエイジングにも効果大なのです。サンマには、必須脂肪酸であるEPA・DHAをはじめ、ビタミン類やコラーゲンなど、アンチエイジングや美白に嬉しい成分を豊富に含みます。

中でも注目したいのは、新陳代謝を高めて肌の潤いをアップさせてくれるレチノール(ビタミンA)。肌の免疫力や抵抗力を高める効果もあるという、美肌には欠かせない成分です。

レチノールはサンマのワタ(内臓)に多く含まれるため、できればワタや皮も残さずに食べるのがおすすめです。

■ビタミンCたっぷりの柿で美白に

秋に美味しい果物といえば柿。柿はビタミンCを豊富に含み、美肌にとても効果的な食べ物でもあるのです。ビタミンCが美白に有効な成分であることはよく知られていますが、柿は1個につき約140mgのビタミンCが含まれます。

これはレモンよりも多く、ミカンの2個分以上。成人の1日あたりのビタミンC推奨量が100mgですから、柿を1個食べれば1日分のビタミンCがとれることになります。

さらに、柿には抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富に含まれます。その量はなんとブドウの5倍以上。活性酸素の働きをおさえる、アンチエイジング効果も大いに期待できるのです。

■食物繊維が豊富なサツマイモ

秋に旬を迎え、優しい甘さで女性に人気のサツマイモ。イモ類の中でも特に豊富な食物繊維を含み、腸内環境を整え、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを解消する効果があるとされています。

また、サツマイモを切ったとき、白い液体がしみ出してくることがあります。これは「ヤラピン」という成分。腸の働きを促進し、食物繊維との相乗効果で便秘解消などに働きかけます。

ビタミンCやビタミンEなども豊富に含み、しかも一般的には加熱調理をするとこわれやすいビタミンCも、でんぷんに守られているため失われにくいという利点も。満腹感が得られるため、ダイエット中にもおすすめも食材です。

美味しくてリーズナブルな旬の味覚。そのうえ美容にも効果的なんて嬉しい限りです。毎日の食事の中で、上手に取り入れてみてくださいね。

(加藤 朋実)