1. トップ
  2. 恋愛
  3. 妻のために夕食を作った夫 なぜか“激怒”されショック その理由に「どちらの気持ちも分かります」

妻のために夕食を作った夫 なぜか“激怒”されショック その理由に「どちらの気持ちも分かります」

  • 2024.6.26
  • 387 views
夫が作った夕飯に妻が激怒した理由について描いた漫画のカット(ニシムラマコジさん提供)
夫が作った夕飯に妻が激怒した理由について描いた漫画のカット(ニシムラマコジさん提供)

夫が作った夕飯に妻が激怒した理由について描いた漫画が、Instagramで300以上のいいねを集めて話題となっています。

残業で遅くなる妻のために夕飯の支度をした夫。「喜んでくれるかな」と期待していた夫でしたが、帰宅した妻は、夫が作った料理を見て激怒。その理由に夫の反応は…。読者からは、「どちらの気持ちも分かります」「家にあるもので作ったのだから許してあげて」などの声が上がっています。

食卓が重苦しい雰囲気に

この漫画を描いたのは、Instagramで漫画を発表している、漫画家のニシムラマコジさんです。ニシムラマコジさんに、作品についてのお話を聞きました。

Q.今回の漫画を描いたきっかけを教えてください。

ニシムラマコジさん「同じような立場や状況で困惑している男性たちに、『共感してほしい』という思いで描きました。妻をネタにした作品は、他にも定期的に描き、Instagramに投稿しています。ちなみに、うちの妻は結構怖いです(笑)」

Q.奥さまから思わぬ反応をされて、どのように感じましたか。

ニシムラマコジさん「衝撃的でしたね。てっきり、ご飯を作ったことを喜んでくれると思ったので…。『ウソでしょ!?』と、膝が震えました」

Q.この後、奥さまにどのような言葉で返したのですか。

ニシムラマコジさん「『まずはご飯を作ったことを褒めてよ!』と言いたかったのですが、そんなことを言ってしまうととんでもないことになるのは明らかだったので、『ご、ごめん』とヘラヘラ笑いながらその場をやり過ごしました。その後の食卓は重苦しい雰囲気で、僕の作った微妙な料理を、家族一同、無言で食べたことを覚えています」

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

ニシムラマコジさん「適当な漫画は小学生の頃からたくさん描いていましたが、本格的に描き始めたのは18歳で、ちょうど大学に入ってからです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことを教えてください。

ニシムラマコジさん「何だかんだいっても、妻にはお世話になりっぱなしなので感謝しています。現在、妻は看護師長をしており、仕事で大変なことが多いみたいですが、『いつか妻のエピソードを漫画にしたいな』と考えています」

Q.作品について、どのような意見が寄せられていますか。

ニシムラマコジさん「僕の苦しい立場を応援してくれる女性の声が意外と多かったです。妻をネタにした作品は、結構僕に同情していただける意見が多くて、いつも励みになっています。もちろん、中には『奥さんの気持ちも分かるな~』という意見もありましたね」

オトナンサー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる