1. トップ
  2. 恋愛
  3. <義母は「私のママ!」>母からの優しい謝罪。妻を支えるのは僕の役目だ【まんが:夫の気持ち】

<義母は「私のママ!」>母からの優しい謝罪。妻を支えるのは僕の役目だ【まんが:夫の気持ち】

  • 2024.6.25
  • 11965 views

僕はリョウ。ヒナノと結婚することになり母にも事情を話すと、「私のことを本当の母親だと思ってほしい」と大はりきり。子ども時代に暗い影を落としているヒナノはとても喜んでいたし、そのときは上手くいくと信じて疑わなかった。しかし最近になってヒナノがやや暴走気味。どうしたものかと思っていたときに事件が起きた。ヒナノが実家で怒鳴り散らしたのだ。なんでそんなことをしてしまったのだろうか……今となっては「僕がもっと早く止めていれば」と後悔しかない。

出典:select.mamastar.jp
出典:select.mamastar.jp
出典:select.mamastar.jp

母は「リョウからヒナノちゃんに『ヒナノちゃんのことが嫌いになったわけじゃない』とそれとなく伝えてくれないかしら。今は私も混乱してるし、ヒナノちゃんもすごく傷ついてると思うから、すぐには仲良く会えないと思うの……。だけどきっとまたそのうち会えるようになると伝えてほしいの」と、悲しそうに呟いた。

出典:select.mamastar.jp

一通り話が終わって帰ろうとすると、姉がこっそり僕に話しかけてきた。

出典:select.mamastar.jp

姉は「……リョウ、あんたはあんたの人生を生きてもいいんだからね」と、心配した声で話し掛けてきた。

出典:select.mamastar.jp

姉の心配はもっともだ。もし逆の立場なら、僕も同じことを言っていたかもしれない。だけど……。

出典:select.mamastar.jp

僕がヒナノにしっかり愛情を伝えていなければならなかった。「お母さんに甘えると安心するのはわかるけれど、僕だって君に愛情があるんだよ」と言い続けていれば、母にばかり感情が向くことはなかったのかもしれない。反省とともに、改めてヒナノの支えになろうと決意した。だって僕はヒナノの家族なのだから。

出典:select.mamastar.jp

母から突然の謝罪を受けて、僕はまたもや驚いてしまった。ヒナノに対して「本当のお母さんだと思ってほしい」と伝えた言葉に嘘はまったくなかったのだから、母に罪はない。本当に娘のように接したいと思っていたのは事実なのだから。
親との関係性がまだうまく掴みきれず、ひどい暴走をしてしまったヒナノにも悪意はない。でも悪意がなくても、人間関係がうまくいかないことはある……。
とにかく今は僕がヒナノに寄り添って、たくさんの愛情を注ぎたいと思っている。

元記事で読む
の記事をもっとみる