1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. パソコンにステッカーを直接貼らない方法 後悔しない、はがせる貼り方を紹介

パソコンにステッカーを直接貼らない方法 後悔しない、はがせる貼り方を紹介

  • 2024.6.25
  • 271 views

パソコンにステッカーを直接貼らない方が良い理由

イエコレクション iecolle

ステッカーでノートパソコンをアレンジする場合、ステッカーを直接貼らないのがおすすめです。
後から後悔することがないように、その理由を確認しましょう。

価値が落ちる

持っていたノートパソコンを新しいMacBookなどに買い替える時、今まで使っていたものを下取りやリセールに出す人もいるのでは。
しかし、ノートPCにステッカーが貼ってあったり、跡がベタベタしていたりすると、いくらMacBookのようなハイスペックなノートPCであっても、そのパソコン自体の価値が落ちてしまいます。

剥がした時汚くなる

ノートパソコンに直接ステッカーを貼ってしまうと、ステッカーを剥がしたくなった時や別のステッカーに貼り替えたくなった時に、後悔することが多いです。
きれいにはがせるステッカーであれば問題はないですが、剥がした跡が残ったり、ひどくベタベタが残ったりするステッカーもあるため注意が必要です。

情報の漏洩につながるかも

学校や会社のロゴが入ったステッカーや、サークルで作成したオリジナルステッカーなど、自分の所属先を示すステッカーをノートPCに貼っていた場合、そこから個人情報が漏れてしまうおそれもあります。
特に、カフェなど他の人の目に触れる場所で使うノートパソコンには、ステッカーを直接貼らないようにしましょう。

後悔しない!ノートPC×ステッカーのはがせる貼り方

MacBookのようなノートPCを直接貼りたくない人に、貼った跡に後悔しないステッカーの貼り方を紹介します。
この貼り方なら、後からきれいにはがせるのでぜひ参考にしてください。

マスキングテープを使う

パソコンにステッカーを直接貼らない方法_マステ
イエコレクション iecolle

まずステッカーを台紙から剥がし、台紙の裏面に5mmくらいずつ重なるようにマスキングテープを貼ります。

イエコレクション iecolle

貼り終えたら台紙を表に返し、ステッカーの縁に沿ってカットして、ステッカーより1回り小さい台紙を作ります。
マスキングテープの重なりが外れないよう剥がし、マスキングテープの粘着面でないほうにステッカーを貼り付けてください。
ステッカーの粘着面がマスキングテープに置き換わり、直接貼りたくない人でもきれいにはがせるのでおすすめです。

保護フィルムの上から貼る

直接貼りたくないなら、MacBookのようなノートパソコンを傷や汚れから守る保護フィルムを活用した貼り方もあります。
天板に貼った保護フィルムにステッカーを貼れば、ノートPCに直接貼らないで済みます。
ステッカーを剥がしたい場合や、別のステッカーに変えたい場合も、保護フィルムを取り替えるだけなので簡単です。

内側のシリコンカバーに貼る

キーボードの隙間からホコリの侵入を防ぐためにシリコンケースを使用している人も多いでしょう。
シリコンキーボードカバーの広いものであれば、内側の空いたスペースにステッカーを貼って、ノートPCのアレンジを楽しめます。

ノートパソコン用クリアケースに挟む

ノートパソコンの表に貼りたいシールをレイアウトし、ノートパソコン用のクリアケースに挟んで使うアイデアです。
剥離紙を剥がさずパソコンを汚さないので直接貼りたくない人やPCをきれいに使いたい人にぴったり。
シールのずれが心配な人は透明シートなどにシールを貼り、そのシート自体をクリアケースに挟むのもおすすめです。

ノートパソコンのベタベタを剥がす方法

イエコレクション iecolle

MacBookなどのノートPCに直接貼ったステッカーを剥がす時にベタベタが残って後悔した人もいるのでは。
ここではステッカーを剥がした後のベタベタをとる方法を紹介します。
パソコンのプラグを抜き、電源は切って行いましょう。

濡らしたクロスやスポンジで拭き取る

お湯で濡らしたファイバークロスやスポンジをしっかり絞ります。
ベタベタする部分を、円を描くようにして集中的に擦ってください。
やや力を要しますが、数分続けているとだんだんとベタベタを擦り落とせます。
ただし、一般的に水濡れは保障対象外になるので、水分がノートパソコン内に侵入しないように注意しましょう。

洗剤をつけて拭き取る

お湯で拭いてもベタベタが取りきれない場合は、ファイバークロスに洗剤を1滴つけ、ベタベタ部分を擦りましょう。
この時指先で洗剤を泡立てておくのがおすすめです。
ベタベタが拭き取れたら、ファイバークロスの洗剤が付いてない部分で洗剤をしっかり拭き取ります。

アルコールで拭き取る

濡らしたクロスでベタつきが取れない場合は、90%消毒用アルコールをマイクロファイバーに湿らせて、こびりついた粘着剤を拭き取ります。
円を描くようにして、集中的に擦りましょう。
この時、アルコールをノートパソコン本体に吹きかけるのは避けましょう。

粘着テープで取る

アルコールでもベタベタが取りきれなかった場合は、ダクトテープのような粘着テープを使用します。
テープの端につまみを作ってベタベタする部分に貼り、テープの上から粘着剤を擦ります。
粘着テープの粘着力を利用して、ノートパソコンにこびりついたベタベタを一緒に剥がします。

ドライヤーで取る

色々試してもベタベタが取れない場合、ドライヤーを使って取る方法もあります。
ドライヤーの熱を30秒ほど当てて、粘着剤を溶かして取る方法です。
ノートパソコンへの刺激となりトラブルにつながる可能性もあるため、他の方法で取れなかった場合の最後の手段として活用しましょう。

まとめ

ここまで、ノートパソコンにステッカーを直接貼らない貼り方について紹介しました。
ノートPCにステッカーを直接貼って後悔した人は、きれいにはがせるステッカーの貼り方や、ベタベタの取り方など、参考になる情報も多かったのでは。
今回紹介した直接貼らないスッテカーの貼り方で、後から後悔することのないよう、ノートPCのステッカーアレンジを楽しんでください。

元記事で読む
の記事をもっとみる