1. トップ
  2. 恋愛
  3. 義母はとてもやさしい人、何一つ不満のない嫁姑関係だったのに...

義母はとてもやさしい人、何一つ不満のない嫁姑関係だったのに...

  • 2024.6.25
  • 6493 views

絶対に巻き込まれたくないお金に関するトラブル。しかしどんなに避けていても、身近な家族間のトラブルは避けられないことも…。今回は、夫や義母と良好な関係を築くほぺ美さんが、親族間での金銭トラブルに巻き込まれたお話をご紹介します。山吹いろさん(@yamabuki___iro)による作品『8桁の使途不明金』第1話をごらんください。

夫と2人で暮らしながら、毎週の義母の買い物に付き添うほぺ美さん。義母との関係も良好でした。

まさかお金関係でトラブルになるなんて、まったく想像もつかないような関係性ですよね。

財産管理は家族間で取り決めを

このお話は、義母の預金から8桁の使途不明金が発覚したエピソードを描くエッセー。ほぺ美さんの夫には姉がいて、ほぺ美さん夫妻は義母の買い物の手伝い、義姉が預金カードを預かり、お金の管理を任されていました。

ある日、義母が預金残高が不自然に減っていることに気づきます。どうやら4年間で1000万円近くのお金が引き出されていたようです。預金カードからお金をおろせる人物は限られていて、家族はすぐにお金を下ろした人物を特定することに…。身内とはいえ、勝手に引き出してはいけません。まして、老後のために貯蓄していたお金がなくなり、義母は悲しい思いをしたことでしょう。

お金の使い込み自体はなくなっても、将来的な義母の金銭的援助や介護など、ほぺ美さん夫婦は正体大きな負担を抱えることになってしまいました。

兄弟や家族間でのお金の問題は、思わぬトラブルに発展することも。加齢などにより家計や財産を他者に任せる際には、「財産管理委任契約」や「家族信託」などを公正証書にまとめておくことができます。『8桁の使途不明金』は家族間でのお金の管理について考えさせられるお話です。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる