1. トップ
  2. お仕事
  3. 助けて!押しつぶされる…パワハラ上司から逃げ出すまでの話

助けて!押しつぶされる…パワハラ上司から逃げ出すまでの話

  • 2024.6.25
  • 3386 views

皆さんは、仕事に行くことがつらいと感じたことはありませんか?職場環境がつらく、出勤が大きなストレスになる人もいるでしょう。自分のストレスを見て見ぬふりをするのはとても危険なことです。しかし、いろいろな感情や状況で、すぐに退職を選ぶことができないという人もいるでしょう。今回ご紹介する作品は、おと| コミックエッセイ(@oto_ppu)さんが実際に経験した、職場を退職するまでのエピソードです。『職場のクラッシャー上司』です。どうぞご覧ください。

異動先でも頑張ろうと決意をしたのに…

おとさんは、営業1課で仕事をしていました。この会社の営業は1課と2課に分かれていて、建物の別、業務内容もまったく違うという特徴があります。

今回、部長からもっといろいろなことを経験してほしいということで2課への異動が決まりました。経験を積み、ゆくゆくは1課に戻るという、おとさんにとっても前向きなよい話です。2課でも頑張ろう、そう張り切っていたおとさんですが…?

どんよりした空気の原因はパワハラ上司だった

2課に行ったおとさんは驚きます。社員の表情が暗く、覇気を感じません。どよんとした空気の原因は2課の課長、クラ田のようです。高圧的な態度で部下を見下すようなクラ田。そのせいで、離職率も異様に高いようです。誰もそんな人の下では働きたくないですよね。

おとさんも例外ではなく、クラ田の攻撃にあい少しずつメンタルをすり減らしていきます。まだ、大丈夫。どこでも大変なことはある、そう言い聞かせることは誰にでもありますよね。おとさんもそうやって自分に言い聞かせて、頑張り続けました。

しかし、自分の見せ方ばかり気にして、部下を大切にできない上司。こんなところで、頑張り続ける必要はあるのでしょうか。

優先すべきは心身の健康

仕事を辞めたくても辞められない、という悩みを抱えている人はたくさんいるでしょう。次の仕事が決まるかどうか、仕事を休んでいる間の経済面、さまざまな不安や事情があるはずです。しかし、どれと比べても、皆さんの心身の健康には勝つことはできません。

理不尽な職場環境で心身をすり減らしても、皆さんの成長にはつながらないのではないでしょうか。辞めようと決意することも大きな勇気が必要でしょう。

一人で判断できないときは周囲に相談をしたり、キャリアアドバイザーや法テラスなどで専門家のアドバイスを聞くこともよいでしょう。パワハラはひとりで悩んではいけません。生き生きと仕事ができる方法を模索したいですよね。

著者:ゆずプー

元記事で読む
の記事をもっとみる