1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 世界からお届け!SDGs通信 メキシコシティ編。オンライン診断とピル宅配で中南米のタブーに挑む〈NUME〉

世界からお届け!SDGs通信 メキシコシティ編。オンライン診断とピル宅配で中南米のタブーに挑む〈NUME〉

  • 2024.6.25
  • 695 views
世界からお届け!SDGs通信 メキシコ編。オンライン診断とピル宅配で中南米のタブーに挑む〈NUME〉

的確な婦人科医療を、気軽に受けられるシステムを開発

ラテンアメリカでは、およそ8割がカトリック教徒であり、社会的に避妊や人工中絶に対してのイメージはよくない。性教育がきちんと行われていないことで、10代で妊娠する少女たちが多いのも問題のひとつだ。いまだに人工妊娠中絶が合法でない国もあり、違法の中絶により、命を落とす女性もたくさんいる。

そんななか、アルゼンチンの女性たちは100年以上禁じられていた合法中絶のための大きな運動を起こし、同国では2020年に妊娠14週目までの人工妊娠中絶を認める法案を可決した。メキシコでは2023年に最高裁が全州での人工妊娠中絶をようやく認めている。

状況が大きく変わるなか生まれたのが、オンラインによる婦人科診断と避妊薬(ピル、パッチ、リング)宅配の〈NUME〉だ。フェミニズム運動が成功しているメキシコとアルゼンチンを拠点に開始したが、ラテンアメリカの他の国にも広げていこうとしている。

CEOでアルゼンチン出身の婦人科医、イングリッド・ブリッヒレル氏によると、「メキシコでは妊婦のケアに関してのマーケットは多く存在するが、妊娠を望まない女性たちへのケアは進んでいない。それが同地を拠点にした理由の一つ」だという。 「ホルモンバランスが崩れるからと、ピルを避けている人にこそ〈NUME〉を使ってほしい。医師に相談すれば、薬の種類をアレンジできるし、自己判断で買うよりも安全なのです」とブリッヒレル氏は語る。

身体の悩みにより処方をパーソナライズできる点が、患者たちからも好評だ。〈NUME〉に参加する医師たちは、性について自由に語れなかったり、恥ずかしいと考えて踏み切れない女性たちの現状をフェムテックの力で変えようとしているのだ。

24時間体制で患者の診療に対応
登録医師は24時間体制で患者の診療に対応。©︎ Nuevometodo.com
女性医療全般や男性のパイプカットの相談も受ける
女性医療全般や男性のパイプカットの相談も受ける。©︎ Nuevometodo.com
CEOの産婦人科医、イングリッド・ブリッヒレル氏
CEOの産婦人科医、イングリッド・ブリッヒレル氏。これまでに500以上の出産、300以上の産婦人科手術を担った。2016年にアルゼンチンでオンライン診断企業を成功させており、その患者数は300万を超える。©︎ Nuevometodo.com
オンライン診断と避妊薬(ピル、リング、パッチ)の宅配のセット
オンライン診断と避妊薬(ピル、リング、パッチ)の宅配のセットが半月で499ペソ。診断だけのプランは半月199ペソから。©︎ Nuevometodo.com

Information

Nuevo Método

メキシコとアルゼンチンで2023年に始動。女性たちが安全で的確な診療を受けられるためのオンライン診断を実践する。

HP:https://www.nuevometodo.com/
Instagram:@nuevometodo

profile

長屋美保

ながや・みほ/静岡県浜松市生まれのライター。メキシコシティ在住17年目。同地のダウンタウンの一角で、小さなアジア食堂を営む。

X:@mihonagaya

元記事で読む
の記事をもっとみる